消費者とのつながりを維持するために、私たちは皆適応する必要がありました。パンデミック以降、ほとんどのブランドがデジタルビジネスの取り組みを優先してきました。その中で最も期待される成果の1つは、顧客体験を大幅に向上させることでした。多くの組織が顧客体験を短期間で向上させ、それを最新の状態に保つのに十分な機敏性を維持するために、デジタルトランスフォーメーションのスピードを加速化させています。

 

ブランドはどのようにすればイノベーションを起こし、競争で優位に立てるかを常に考えています。先見の明のあるブランドは、今日のニーズに応えるテクノロジーにとどまらず、他のビジネスに不可欠なシステムとのシームレスな統合を実現することにより、マーケティングテクノロジースタックの将来性を高めたいと考えています。スタックには、ビジネス、市場、消費者の需要に迅速に対応できる柔軟性も必要です。


クラウドの未来が今ここに

あらゆる業界のリーダーがクラウドソリューションを優先するのは当然のことです。IDCによると、2020年のクラウドITインフラへの支出は48%増加し、クラウド以外のITインフラへの支出を初めて上回りました。

実際、大半の組織はクラウドテクノロジーの利用を加速させています。83%のリーダーが、クラウドは組織の将来的な戦略と成長にとって「とても重要」または「極めて重要」であると回答しています。競争力の維持、イノベーションの加速化、顧客、従業員、パートナーとのやり取りの変革などを含め、あらゆる組織が「クラウドは未来」であることを認識しています。


マーケティング担当者にとっての意味

他の事業部門と同様に、マーケティング担当者にとって「クラウドは未来」です。コンポーザブル戦略がこのクラウドベースの世界にとって理にかなっている理由については後ほど詳しく説明します。現時点では、移行を始めるうえで最適な場所は、マーケティングテクノロジーの中核である CMSであることを指摘しておくだけで十分でしょう。

クラウドCMSには、オンプレミスCMSでおなじみの機能、つまりコンテンツの作成、編集、保存、チャネル全体で配信するためのツール、視覚的に直観的なエディター、 SEOツールなどすべてが含まれます(または含まれるべきです)。その上、ホスティングの委託、手間のかかるアップグレードの排除、世界中のチームのアクセシビリティ向上、トラフィックの季節的な急増に容易に対応することもできます。

これらのメリットは、チームに移行の時だと確信させるには十分すぎると言えます。プラットフォーム間の移行を簡素化する方法は複数ありますが、それを行う実際のプロセスは、チーム作業からアセットの整理まで、社内を整理するための刺激となることもありますが、移行プロセスは単純ではありません。

そこで今回は、その他の利点と、大半のマーケティング部門にとってプロセスをより早く進める方が良い理由について、説明したいと思います。


クラウドCMSの主なメリット

1. スピードの向上

実装、設定、統合から使用に至るまで、適切なクラウドCMSがプロセス全体を高速化します。スピードのメリットは立ち上げの日にとどまりません。

チームは新しいWebサイト、アプリ、マイクロサイト、ランディングページをより迅速に立ち上げることができます。さらに、クラウドホスティングのサーバーにより、開発チームは統一された最新の共同作業プラットフォームを使用できます。大部分のクラウドベースCMSがそうであるように、プラットフォームがヘッドレスであれば、開発チームはコンテンツチームと並行して作業することができ、お互いに待機する必要はありません。

つまり、クラウドベースのCMSにより迅速な実装、すばやいコンテンツ配信、簡単で速い編集、そしてもちろん迅速な最適化が可能になります。これらはすべて、顧客の期待と市場力学の変化に対応するうえで重要になります。

2. 生産性の向上

クラウドホスト型CMSはサイロを排除し、シームレスなコラボレーションを促進します。マーケティング担当者は、新しいコンテンツを開発するたびに開発者に依頼する必要がなくなります。開発者はターゲットを絞ったマイクロサイトの立ち上げなど、フィールドマーケティングチームのサポート業務ではなく、興味深く価値の高いプロジェクトに時間の大半を費やせるようになります。これにより、作業スピードと生産性が向上します。

3. ROIと利益の向上

初期投資は必要ですが、長期的に見ると、多くの場合クラウドへの移行は大幅なコスト削減になります。生産性の向上、IT部門の作業軽減、メンテナンス費用の削減により、年間20~50%のコスト削減を報告した大手企業もあります。

4. 速やかな定着

世界がいかに急速に変化するかを、私たちはここ数年で身をもって実感しました。消費者の期待の変化であれ、新しいeコマースモデル(マーケットプレイス、D2Cなど)を取り入れる必要性であれ、クラウドベースのテクノロジーにより迅速な対応がしやすくなります。 定期的な自動アップデートにより、コストと時間のかかるアップグレードが不要になります。これにより、サイロも解消され、共同作業が促進されます。チーム全員が即時にアクセスできれば、新しいコンテンツの作成、承認、公開がはるかに簡単になります。


コンポーザビリティが現在そして将来において重要な理由

共同作業の効率化から、マーケティングシステムのよりシームレスな統合まで、クラウドベースのCMSには多くのメリットがあります。

しかし、最も重要なのはコンポーザビリティです。Sitecoreは、モノリシックな従来のソリューションの時代はまもなく終わりを迎えると確信しています。マーケティング担当者は機敏であることを望んでおり、またそうでなければなりません。だからこそ、Sitecoreはコンポーザブルソリューションの提供に全力を注いでいます。ブランドは必要なソリューションだけをマーケティングテクノロジースタックに組み込むことができます。不要な製品が搭載された一体型ソリューションを実装するために、数か月から数年も待つ必要はありません。

クラウドネイティブでコンポーザブルなSaaSソリューションにより、ブランドは数か月またはそれ以上待たずに、数日から数週間で実装および展開を完了できます。多くのマーケティングチームはCMSの導入から着手すると思われますが、顧客データプラットフォーム(CDP)デジタルアセット管理(DAM)、パーソナライズソリューションから着手するマーケティングチームはさらに時間がかかる場合もあります。

すべては、そのブランドの歴史、ビジネス目標、将来の目標、現在のニーズによって決まります。コンポーザブルのコンセプトが初めての方、またはさらに詳しく知りたい方は、こちらから始めてください。オプションについてお尋ねになりたい方は、Sitecoreソリューションのエキスパートがすべてのご質問にお答えし、Sitecoreプラットフォームのデモをお見せします

デビッド・シュウィアはSitecoreポートフォリオマーケティング部門のバイスプレジデントです。LinkedInでつながる