デジタルマーケティングキャンペーンのコンテンツ制作は複雑です。たったひとつのコンセプトでも、最終的な成果物がオーディエンスに届くまでに、数か月にわたる下書きと手直しを必要とすることもあります。ある調査で、意思決定者の3分の2が、今後5年から10年の間に自社が成功を遂げるには、コンテンツの習熟が不可欠であると回答したのも不思議ではありません。

マーケティング担当者とエクスペリエンス担当者間の共同作業を最適化するのにぴったりのツールがなければ、予算、チームの作業時間、リソースはすぐに障害となります。 また、最近のコンテンツマーケティングの世界状況レポートでは、回答者の97%がコンテンツマーケティングは今年のブランドマーケティング戦略における重要な要素であると回答しました。クリエイティブチームが最高のパフォーマンスを発揮できるようにするとともに、配信までの時間を短縮できるよう努力することで競争優位に立つことができます。

組織内のコンテンツ制作のギャップを埋めるにはどうすればよいでしょうか?チーム一丸となってより良い仕事をするための4つのステップをご紹介します。

 

成功を左右する:デジタル成熟度とコンテンツの実行
ガイドをダウンロード →

1. コンテンツの制作スペースを一元化

プロジェクトの企画からデジタル配信まで、貴社はブランドの最優先事項であるマーケティング戦略をどこで計画、作成、実行していますか? プラットフォームとクリエイティブスペースが複数思い浮かぶ場合は、コンテンツマーケティングのライフサイクルを1つの場所にまとめることが、チームにハブ型の共同作業環境を提供するうえで重要なステップになります。一連の作業の拠点として機能し、共有ツールを用いて組織全体に統一されたオペレーション構造を提供することができます。

 

このモデルを採用する一番のメリットは、チームが複数の共同作業スペースでワークフローを整理し、最新の状態を保つために行わなければならない冗長なタスクを削減できることです。このようなタスクは、生産性を30%低下させると報告されています。

2. 完成したアセットへのアクセスを容易にする

チームが新しいマーケティングキャンペーンを開始した後、アセットはどうなるのでしょうか?言語、業界、検索の最適化、Webやアカウントのパーソナライズのバージョン管理を行うことで、チームやマーケティング部門以外の従業員がコンテンツからさらなる価値を得ることができるでしょうか?

組織内のクリエイティブチームが内部リソースにアクセスできないと、ブランドのこれまでの作業をもとに構築することができず、チャンスを逃してしまう可能性があります。コンテンツを単一のデジタルアセット管理(DAM)ソリューションに保存することは、コンテンツ担当チーム間のギャップを埋めるための重要なステップです。

DAMを使用することで、開始から配信までの遅延時間が短縮され、新しいコンテンツアセットの配信速度が47%向上します。独自のDAMを使用したSitecoreでの成功例として、弊社では、ユーザーが既存のコンテンツを簡単に見つけ、そのアセットのバリエーションを迅速に市場投入するための分類を確立しました。

3. 組織の透明性に対する障壁を取り除く

どのマーケティングチームにも盲点やボトルネックがあります。マーケティング担当者が作業の遅れを感じる領域は主に、承認リクエスト、共有、バージョン管理、ドキュメント検索です。サイロ化、チーム間の不連携、アクセス制御の制限など、組織のコンテンツ制作ワークフローにおける障壁は、スケーラビリティから従業員の離職まで、特に作業量が増加するにつれてあらゆることに影響を及ぼします。透明性への障壁を取り除くことで、推測や障害によって生じる課題が解消されます。

チームが小規模であれ大企業規模であれ、一元化されたコンテンツ管理スペースで効果的に共同作業するために重要なのは、ワークフロー最適化ツールを使用することです。ワークフロー最適化ツールは、コンテンツ計画、制作、ガバナンスの共有リソースとして機能するため、キャンペーンの各側面、誰が何をすべきか、いつ完了予定かをチームが確認することができます。可視化することで、必要以上のやり取りをすることなく全員が同じ認識を保つことができ、制作スケジュールを加速することができます。

4. コンテンツ担当者間の距離を取り除く

リモートチーム、グローバルな時差、フレキシブルな勤務時間など、私たちの「働き方」は世界情勢やテクノロジーの変化に伴って進化しています。しかし、貴社のブランドは担当者が世界のどこにいても、マーケティングの創造性を育むことができていますか?クラウド上で実行されるコンテンツ管理システム(CMS)は、従来のコンテンツ出力をサービスとしてのコンテンツ(CaaS)システムに変換し、マーケティングやコンテンツ制作者、IT、デベロッパー間の共同作業を拡大します。

簡単に言えば、CaaSはサービスとしてのソフトウェア(SaaS)テクノロジーの特定のバージョンで、ヘッドレスCMSとして位置付けられます。組織はユーザーがコンテンツにアクセスする各デバイスに合わせてコンテンツを作成する必要がなく、バックエンドで自由にコンテンツを配信することができます。クラウドの柔軟性により、組織を超えたスマートな共同作業が可能になり、世界規模でスケーラビリティを強化できます。

コンテンツ制作の障壁を克服する方法について、より詳しい情報はこちらをご覧ください。

モニカ・ララは、Sitecoreのシニア コンテンツマーケティング マネージャーです。LinkedInX(旧Twitter)でフォローする。