マッキンゼー社の調査によれば、今日の買い物客の72%は、企業が自分を個人として認識し、自分の興味を理解してくれることを期待しています。

顧客に「注目されている」「理解されている」と感じてもらうことがかつてないほど重要な時代において、将来を見据えたブランドは、コンポーザブルアプローチを採用することで、変化する期待に対応しています。従来のモノリシックプラットフォームからコンポーザブルDXPやコンポーザブル製品群へ移行することで、企業は消費者のニーズに素早く適応し、瞬時に柔軟に対応し、ビジネス上必要な時に、適切なテクノロジーを結びつけることができます。

コンポーザブルDXPのメリット

ガートナー社によると、コンポーザブルDXPを採用したブランドや企業は、汎用プラットフォームを使用した顧客より80%も速く新機能を提供しています。その理由は簡単で、コンポーザブルDXPでは、ベストオブブリードの製品で構成された、カスタマイズされた統合ソリューションを作成できるからです。これらの製品はAPIを介して連携し、コンテンツやデジタル体験を迅速かつ俊敏に顧客に提供します。

さらに、コンポーザブルDXPは、次のような点でもブランドや企業にメリットをもたらします。

既存システムから価値を引き出す

個別にパッケージ化されたビジネス機能(PBC)として知られる置き替え可能な製品には、メールマーケティング、顧客データプラットフォーム(CDP)、コマース、ホスティング、検索、その他の製品があります。コンポーザブルアーキテクチャにより、実装する必要のある製品を選択し、準備が整った場合にのみ機能を実装する自由と柔軟性が得られます。また、このアプローチでは、ビジネスで重要な役割を果たす既存のプラットフォームやシステムを接続し、そこから価値を引き出すことができます。

所有コストの削減

必要な時に必要な機能のみを実装するという、よく検討されたアプローチを採用することで、組織と共にソリューションを構築し、チームが特定の要件や機能を上回った場合はコンポーネントを置き換えることができます。

投資対効果(ROI)の向上

インクリメンタルアプローチを採用し、APIベースのモデルを使用することで、技術チームはキャンペーンを迅速かつ容易に開始することができ、企業はより速いROIの達成、テスト、学習、成功する機能やキャンペーンの構築が可能になります。

コンポーザブルスイートにCDPが必要な理由

顧客データプラットフォーム(CDP)は、インパクトのある顧客体験を構築するための基盤です。CDPにより、ブランドや企業は顧客とそのジャーニーを明確に理解することができ、顧客一人ひとりに最も関連性の高い体験を演出できるようになります。

CDPはいつ追加すればいいのか?

デジタル成熟度において、他社との差別化を図り、顧客の維持に注力する段階に達したら、顧客に提供する体験をパーソナライズする時期と言えます。

パーソナライズとは、顧客と同じくらい特別なコンテンツを作成して配信することを意味します。 適切なコンテンツを開発するということは、顧客のニーズを理解し、課題を特定することを意味します。また、コンテンツは顧客を先導し、次の行動へと誘導するものである必要があります。

パーソナライズされた体験の演出を妨げる課題

  • データを収集、分析しているが、このデータを活用するツールやインフラストラクチャがない。
  • データがサイロ化されており、他のチームから簡単にアクセスできない。
  • データが一元的に保存されていないため、活用できない。
  • データは収集されるが適切に処理されないため、そこからインサイトを得ることができない。
  • データはITチームが所有し、マーケティングチームが利用できない。

CDPは、このような課題を克服するために設計されています。CDPは、複数のソースからファーストパーティーの顧客データを収集・統合し、単一の信頼性の高い顧客の360度ビューを構築します。このデータを使用して、マーケティング担当者は対象を絞り込んでパーソナライズしたキャンペーンを作成することができます。

Sitecore CDPでパーソナライズを大規模に演出する方法

クラス最高峰のCDPであるSitecore CDPは、次を提供します。

  • 顧客データの収集
  • シームレスなデータ統合
  • 統合顧客プロファイル
  • カスタムのオーディエンスセグメンテーション
  • エコシステムの統合
  • 顧客ジャーニーのインサイト

データの有効化

Sitecore CDPは、Stream API、Batch API、Interactive APIを使用して、SCV、CRM、ESP、DMPなどさまざまなプラットフォームからデータを取り込むことができます。オンラインとオフラインの両方のデータを統合することで、アクションにつながるインサイトを導き出し、機械学習と予測分析により、高度な顧客エンゲージメントとパーソナライズ戦略を展開することが可能です。たとえば、新規訪問者を特定することで、ブランドとの最初のやり取りから意味のあるつながりを構築したり、最も関連性の高いコンテンツやオファーを最も関連性の高いチャネルで最適なタイミングで既存顧客に提供する、行動ベースの顧客ロイヤルティプログラムを作成することで顧客維持率を向上させることができます。

Sitecoreのコンポーザブル・デジタルエクスペリエンス・スイート

Sitecore Engagement Cloudにより、ブランドは高度なツール群を組み合わせて、最も関連性が高くインパクトのあるデジタル体験を生み出すことができます。

当社のソリューションは3つのクラウドでご利用いただけます。3つのクラウドは、優れた顧客体験の演出に不可欠な中心的分野に焦点を当てています。

Content Cloud: あらゆるチャネルでコンテンツを作成、管理、配信
Engagement Cloud:顧客データを活用し、すべてのやり取りをよりスマートに
Commerce Cloud:あらゆるチャネルで体験主導型のコマースを実現
顧客の期待を超える方法について、詳しくはコンポーザブルな未来に向けたビジョンをご覧ください。

Fiona Hilliardは、Sitecoreのコンテンツマーケティングマネージャーです。LinkedInでつながる