パーソナライズされたデジタルエクスペリエンス構築の新たなスタンダードを

【参考資料】

この参考資料は、2019年11月5日に、米国フロリダ州オーランドで開催されている弊社年次イベント「Sitecore Symposium2019」にて発表されたプレスリリースの抄訳版です。

オーランド、2019年11月5日 - デジタルエクスペリエンス管理ソフトウェアのリーダー、Sitecore®社は、SaaS(Software as a Service)へのビジョンとスケジュール、そしてSaaSへの道筋をサポートする複数の製品機能強化を本日Sitecore Symposium 2019で発表しました。 新しいSaaS形式での製品提供によって、現代的で直感的、そして拡張可能なプラットフォームを迅速に立ち上げて、長期的に利用することが可能となるため、Sitecore製品を使ったマーケティング施策の構築や配信における顧客体験を完全に変革します。また、本日発表するSitecore Experience PlatformTM 9.3およびSitecore Content HubTM 3.3を含む、既存製品のアップデートは、使いやすさの向上や第三者ソリューションとの統合に重点的に取り組む姿勢を表しており、弊社のSaaSに向けた道筋の基礎を築きます。

SaaS形式での製品提供は、デジタルエクスペリエンスの構築を大幅に簡略化かつ高速化しつつも、当社のパートナー企業や顧客企業が、独自のエクスペリエンスを生み出すためのカスタマイズ性や柔軟性を維持します。 Sitecore社のSaaSプラットフォーム上で、ユーザーは自動アップグレードにより、製品の最新バージョンを常に使用することができます。 今後もSitecore社は、パーソナライゼーションといったサービスの自動化(本日発表の「自動パーソナライゼーション」リリースを参照)を実現し、困難な作業を劇的に容易にする所存です。 すでにSaaSで提供しているSitecore Content Hubも今後プラットフォームと完全統合されます。

Sitecore社のマーク・フロスト(Mark Frost)最高経営責任者は以下のように述べています。
「企業やブランドが、カスタマーエクスペリエンスを可能なかぎりスピーディかつ効率的に演出できるように支援することがこのデジタル時代において何より重要です。弊社は、現代的なSaaSプラットフォームで新たなスタンダードを打ち立てます。企業やブランドが価値実現への時間を大幅に短縮し、競争力を維持するために必要なデジタルトランスフォーメーションを簡単に後押しできるよう、使いやすく、構成可能で、拡張可能なプラットフォームを目指します。」 



Sitecore社のSaaSソリューションの初期バーションは2020年夏に登場予定です。市場投入を加速し、Webサイトのデザイン、構築、導入にかかる費用を軽減すると同時に、市場ダイナミクスの変化に応じて必要な変更を行えるフレキシビリティをユーザーに提供します。Sitecore社のSaaSソリューションはさらに、周辺のエコシステムとの統合、および市場の幅広い需要への対応に必要な拡張性をデベロッパーにもたらします。 

Sitecore Experience Platform 9.3
Sitecore Experience Platform (XP) 9.3では、使いやすさとパフォーマンスを向上しています。「Horizon」と呼ばれるSitecore XP 9.3内の新編集環境は、簡単にユーザーをナビゲーションできるよう、使いやすく、直感的で、コンテクストに基づいたインターフェースを提供します。新しくなった編集ユーザーインターフェースは、コンテンツの制作・公開に合わせてリアルタイムで各種洞察を提供することで、マーケティング担当者がコンバージョン向上を押し上げるために必要な知識をもたらします。

新編集環境に加えて、Sitecore XP 9.3はマーケティング担当者がどのようにパーソナライゼーションがパフォーマンス向上につながっているかをより細かく把握した上で、十分な情報に基づいた意志決定を行うことを可能にするレポーティング機能の強化が図られています。 Sitecore XP 9.3にはさらに、Webフォームの改善、Eメール・自動化の強化、パフォーマンス強化が含まれ、これらはすべて企業やブランドの価値実現の加速化を可能にするものです。

Sitecore Content Hub 3.3 
本日のリリースの締めくくりとして、Sitecore社はデジタル資産管理(DAM)、コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP)、マーケティングリソース管理(MRM)をSaaS基盤の単一プラットフォームに統合するSitecore Content Hub 3.3を発表しました。 Sitecore Content Hub 3.3は、カスタマージャーニー全体で優れたエクスペリエンスをより広範に生み出すことをより容易にする新マーケティング・キャンペーンオートメーションを含む、主要な第三者ソリューションとの統合が新機能として搭載されています。

さらに、新しくなったSitecore Content Hubではマーケティング担当者がSitecore XP内のどこでコンテンツが利用されているかをチャネル全体で簡単に分析できるようレポーティングツールが機能強化されており、将来的なキャンペーンに関してより十分な情報に基づいた意志決定を行うことを可能にしています。

詳細については、Sitecore.comにアクセスしてください。

以上







Sitecore社およびサイトコア株式会社について 
Sitecore Corporation (本社:デンマーク、コペンハーゲン)は、コンテクストマーケティングを実現するためのカスタマーエクスペリエンス管理ソフトウェアを提供しています。「Sitecore® Experience Cloud™」では、さまざまなコンテンツを管理しながら、顧客の興味・関心や行動履歴から得られるコンテクスト情報を利用し、それにあわせた最適なコミュニケーションを自動化します。企業のマーケティング担当者は、顧客がどのように自社ブランドと接触しているかに関するコンテクスト(文脈や背景)を把握・理解したうえで、それに基づいた最適なコンテンツを、すべてのチャネルを通じてリアルタイムに提供できます。対象者を満足させ、ブランドロイヤリティを築き、収益を向上するためのコンテクストマーケティングを実施するために、世界各国の大手企業や公的機関など5,200社以上がSitecoreのソリューションを採用しています。主な導入企業は、American Express、Carnival Cruise Lines、Kimberly-Clark、L'Orealなどです。製品・ソリューション・サービスに関する詳細は、www.sitecore.com/ja-jp/ をご覧ください。 
サイトコア株式会社は、Sitecore Corporationの日本法人です。 
 
<本リリースに関するお問合せ先> 
サイトコア株式会社 
マーケティンググループ 安部/堀内 
TEL: 03-5413-6900 
Mail: Japan_pr@sitecore.com 


© 2019 Sitecore Corporation A/S.Sitecore®、Sitecore® Experience Platform™、Sitecore Experience Cloud™、Sitecore Content Hubは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるSitecore Corporation A/Sの登録商標または商標です。すべてのブランド名、製品名、商標はそれらの 各所有者に帰属します。