Skip to content

National Wildlife Federation

広範な情報とオンラインでの行動喚起を提供するWebサイトで、次世代のために野生動物の保護に力を入れる必要性をアメリカ国民に呼びかけています。

アメリカ最大規模の非営利保護団体として、National Wildlife Federationは野生動物と生息地を保護するための取り組みに主に尽力しています。 この目標を達成するため、National Wildlife Federationはオンラインプレゼンスを重要視しています。活動や重要な保全問題についての情報を公に提供することで会員数を増やし、同団体の取り組みにより多くの人の関心を集めて収益を高めています。 400万人を超える会員、パートナー、サポーターを抱えるNational Wildlife Federationは、サイトコアのコンテンツ管理システムを使用してWebサイトを常にアップデートされた状態に保っています。これは、同団体の使命をサポートするうえでとても重要です。 2010年4月にメキシコ湾原油流出事故が起きた時、National Wildlife FederationのスタッフはWebサイトを継続的にアップデートする必要に駆られました。 スタッフ会員は、この流出が野生動物やエコシステムに及ぼす影響について、世界中の人たちの質問に回答しました。 不安や懐疑心が渦巻く雰囲気の中で作業するスタッフは、信頼性のある情報を瞬時に供給する必要がありました。Webサイトを頻繁にアップデートし確かな情報を提供した同団体は、この危機において野生動物を守る国の「声」となりました。 National Wildlife Federationは、Webサイトでスムーズに回答を提供できたのはサイトコアのコンテンツ管理システムのおかげだと評価しています。

課題

過去に、National Wildlife FederationはWebサイトをさまざまな自社製CMSで作成した結果、切断が生じ、インターネット管理のプロたちを悩ませました。 旧式のシステムを使用している場合、IT部門が編集者のためにコンテンツを編集する必要があるため、保全や拡張に時間がかかってしまいます。 「これが原因で、コンテンツ制作スタッフとWebプレゼンス制作スタッフの間に差異が出てしまいました。 結果的に、サイト全体のユーザーエクスペリエンスに一貫性がなくなりました」と、National Wildlife Federationのオンラインプロジェクト運営部門マネージャーを務めるカーラ・ブラウン氏は述べました。

National Wildlife FederationはサイトコアのパートナーNon-Linear Creations(NLC)と取り組んでオンライン戦略2か年計画を作成し、Webサイトを徹底的に刷新しました。

基本的に、National Wildlife Federationは主要なパフォーマンス指標を改善する新しい情報アーキテクチャを開発するほか、コンテンツ公開における作業時間と複雑度を大幅に削減するコンテンツ管理システムのインストールを希望していました。

ソリューション

Webサイトのアップグレード戦略の概要をまとめるために、NLCは米国にいるNational Wildlife Federationの利害関係者たちとインタビューをおよそ100回実施し、インフラストラクチャ、eマーケティング、ソーシャルメディア、コンテンツとオーディエンスのプロファイル化を含む計画を展開しました。 また、アカウントのアーキテクチャ、使いやすさ、デザイン、検索エンジン最適化を考慮に入れ、サービスを停止する必要のない合理的な導入でサイトのローンチを計画しました。 

全体像を得るために、National Wildlife Federationはタグ付けモジュール、ストーリー展開モジュール、写真のスライドショーのようなカスタムデバイスを構築しました。 また、データフィードを異種のレポジトリに自動化するために、マーケティング担当者向けのWebフォームをさまざまな方法で拡張しました。 最後に、同団体はマーケティング担当者向け統合型Webフォームモジュールを作成しました。これにより、PayPalでの支払いを許可するフォームなど多数のフォームを構築しました。

「ライブラリの論理と、コンテンツ再使用を促進する仕組みが気に入っています。 API機能が完全にオープンな状態であることは言うまでもありません」とブラウン氏はまとめました。

成果

Webサイトのローンチから、National Wildlife Federationの投資収益が増加しました。 情報の流れが大幅にスムーズになったため、サイトのユーザー滞在時間が増加しました。 また、Sitecore CMSの導入により、インターネットチーム全体が変化しました。 IT部門のスタッフはコンテンツを義務的に編集するのではなく、革新的なWebプロパティと機能の作成に時間を充てることができるようになりました。 さらに、コンテンツに直接アクセスして更新できるため、編集者はコンテンツ作業を進んで行うようになりました。

「私たちの会話は『これを構築してもらえますか?』からガバナンスに関する質問や何を構築すれば価値が高いかなどに変わりました」と、Non-Linearマーケティング部門ディレクターのスージー・イボットソン氏は述べました。 メキシコ湾原油流出事故から間もなくしてミシガン州で原油流出が起きた時も、National Wildlife FederationはSitecoreを使用し、この危機的状況で迅速な対応を取ることができました。

技術に関する説明

ソリューションの特別な要素

  • Sitecore CMS
  • 統合型OMS
  • WordPressでブログを提供
  • オンラインでの寄付、メール配信、支援、アンケート、カタログ向けの個別のオンラインストアにConvioを導入
  • 子供向けの雑誌登録、生息地の証明書、写真コンテンツ、野生動物ウオッチや自然探索プログラムに自社製の.Net Webアプリケーションを使用
  • 動画配信サービスを変革
  • Web解析向け:オムニチュア、Googleアナリティクス
  • Flickr、Facebook、その他のソーシャルメディアプラットフォーム