主要コンテンツにスキップ

マーケティングテクノロジー

マーケティングテクノロジースタックについて真剣に考えるとき

多くのビジネスは接続性の高いマーケティングテクノロジースタックがあれば、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供し、収益増につなげられることを知っています。 この知識を行動に転換する効果的な方法について紹介します。

どこにズレが存在するのか

今日、傑出したカスタマーエクスペリエンスの提供において大切なのは、もはや店舗での販売員の態度ではありません。 時代は変わり、今は顧客第一のアプローチは現在でも最も大切です。しかし、それを推し進めているのはマーケティングテクノロジーです。 もっと多くの企業がマーケティングテクノロジーを活用してはるかに優れたエクスペリエンスを提供することができるはずです(かつ、そうするべきです)。 では、そうしていないのはなぜなのでしょう?

マーケティングテクノロジー: 優れたカスタマーエクスペリエンスへの玄関口

あなたが把握できない、またはアプローチできない顧客は真に忠誠心の高い顧客とは言えません。  顧客のロイヤリティを獲得・維持するには、顧客がどんな人物であるか明確に把握し、関連性のあるかたちでつながれる方法が必要になります。 これには適切なマーケティングテクノロジースタックが必要です。

適切なマーケティングテクノロジースタックに優秀な人材やプロセスが揃えば、際立ったカスタマーエクスペリエンスを確実に、迅速に、そして大規模に提供することが可能になります。

マーケティングテクノロジーは -- 正しく行えば -- 優れたカスタマーエクスペリエンスを可能にします。

マーケティングテクノロジースタックを活用して顧客とつながる3つの方法

マーケティングテクノロジースタックで未来に備える

マーケティングテクノロジースタックで貴社の投資対効果(ROI)を押し上げるには、フレキシブルで適応性に優れたマーケティングテクノロジースタックが必要です。 将来的には、テクノロジーは現在より一層早いスピードで私たちのもとにやって来ることが予想されます。 市場での敏捷性を維持するなら、今後台頭してくるであろう、あらゆるテクノロジーと簡単に統合するマーケティングテクノロジースタックが必要です -- たとえ、現時点でそれらが何か分からなくても。

現在使用しているスタックに人工知能(AI)、データアナリティクス、オートメーションといった主要テクノロジーが含まれていない、という企業は少なくありません。 しかし、顧客のニーズを素早く特定・対応し、優れたエクスペリエンスを提供し、未来に備えたいと考えるなら、これらのテクノロジーは必要です。

マーケティングテクノロジースタックの要は適者生存です。 敏捷性と柔軟性に優れたスタックは、チャネルの追加、顧客にとっての選択肢の増加、セルフサービス機能等、市場に対応したカスタマーエクスペリエンスの微調整を可能にするため、競争優位性をもたらしてくれます。

バランスの取れたリソース群を構築する

ほとんどの組織の場合について言えることですが、マーケティングテクノロジーの課題は必ずしも純粋にテクニカルとは限りません。 そこには非常に重要な人的な要素も存在し、適切な戦略を立てなければ、どんなに慎重に構築したマーケティングテクノロジースタックも台無しになる恐れがあります。

マーケティングテクノロジースタックを最適化するなら、マーケティング担当者、技術者、そして両者をつなげられる人材を揃えましょう。

マーケティングテクノロジーおよびカスタマーエクスペリエンス戦略に関する貴社の専門性を補完・強化するために、3つの「R」 -- 新しい人材の採用(Recruit)、すでに有している人材の再トレーニング(Retrain)、貴社が必要とする専門性を備えたテックパートナーを頼りにすること(Rely) -- を検討しましょう。

共通の目標やチームの協同にフォーカスする

今日の経営幹部は数年前とは全く異なるDNAを持っています。 ますます競争が激化し、デジタル化する未来に向けて組織を再構築・刷新する必要に迫られる中、最高情報責任者、最高マーケティング責任者、最高デジタル責任者が経営幹部としてその役割を急速に進化させています。

デジタルの手段を通じた収益達成について責任を負う、これらのエグゼクティブ陣は、優れたマーケティングテクノロジースタックプロジェクトを頼りに会社のマーケティングマシーンを売上マシーンへと転換させることを望むなら、共通の目標に向けて協同することが必要になります。

さらに、マーケティングチームとITチームが仕切り越しに仕事を投げ合うような状況も同様に、未来型のマーケティングテクノロジースタックに対応できない人材構造の一部となります。 マーケティング/ITの協同チームなら、別々のプロジェクトに取り組む代わりに、共通の成果物に関する支持の獲得に向けて力を合わせることができます。

未来型マーケティングテクノロジースタックに備える

マーケティングテクノロジーは今まさに、自らの最大の敵という存在から極めて魅力あるカスタマーエクスペリエンスへの実現をサポートする存在への転換期を迎えようとしています。 貴社が望むカスタマーエクスペリエンス像が明らかになったら、それを実現するための未来型マーケティングテクノロジーを特定することができます。

デジタルエクスペリエンスの強力なプラットフォーム

サイトコアのエンドツーエンドのコンテンツ管理とeコマースソリューション。

製品を見る

近くのイベントを検索

現在地を使用

場所を変更

適用