変化はまだ始まったばかり

今後5年間で多くのことが起こる可能性があります。 実際に何がおこるのかを予想(また、時には想像)することは誰にもできません。しかし、重要なテクノロジーが成熟し始め、いっせいに集結し始める中、ある種の進化が予測されるのは当然のことです。

多くのデバイスはますます小型化、薄型化が進む一方、それらの「ブランド」はより大きくなり、特に5Gの登場を控え -- 接続性は加速していくでしょう。 視覚や音声によるインターフェースはさらに精度を高めていきます。 さらに、モノのインターネット(IoT)はセンサーを搭載した日常的な製品をつうじてインパクトを与え続けます。

これがCMSとマーケティング担当者にとって意味するもの

これら分野の発展がデジタルエクスペリエンスに対する消費者のニーズに進化をもたらすことは避けられません。つまり、CMSとそれを使用するマーケティング担当者は(今日においても競争に打ち勝つ上で必要な)消費者の記憶に残る、本格的なカスタマーエクスペリエンスを提供するために備える必要があるということです。

組織は新しい種類のデータを処理し、新しい種類のコンテンツを作成・提供し、消費者が新たな方法で、かつチャネル横断的に情報を消費する形態をサポートする必要に迫られます。 さらに、中核的なCMS機能に加えて、デジタルエクスペリエンスプラットフォームを含む、拡張型のソリューションも必要になります。

CMSとデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)の違いについての記事をご参照ください。

 

接続型の未来:ある朝の1時間

6:45 am

スマートウォッチなどの複数のデバイスから集計されたあなたの睡眠データは、昨夜のあなたの睡眠が最適を下回ったことを示しています。 あなたのヘルスアプリはアラームを15分間スヌーズし、バーチャルアシスタントは8時からのミーティングを自動的に遅らせます。

7:00 am

あなたは目覚め、朝食の準備をします。 キッチンのスクリーンが、冷蔵庫にある食材と予測されるアクティビティレベルをもとにその日の食事プランを表示します。 同時に、食料品店から週一回の食材配達についてのEメールが届きます。

7:20 am

支度をしている間、ボイスアシスタントがピックアップしたニュース、財務レポート、愛用しているビジネスサイトから届いたメッセージを中心に、その日のブリーフィングを読み上げます。

7:40 am

あなたは会社に向けて家を出ます。 公共交通機関で通勤中、あなたは予定している週末旅行用にモバイルデバイスを使ってセーターを買うことにします。 ARメガネがあなたのお気に入りのスタイルやブランドを3D表示します。 あなたが購入するセーターを選ぶと、請求情報や受取場所が自動的にベンダーに送信されます。

時刻はまだ 7:45 amで、一日は始まったばかりです。

CMSは課題にどう立ち向かうのか

一日のわずか最初の一時間ですでに明らかなように、極めて高い接続性、デバイスの数、さらにパーソナライズされたエクスペリエンスへの期待は、将来のCMSに2つの主な課題をもたらします。

課題1: 拡張性

CMSは将来的な計画を考慮して導入する必要があります。 頻繫なAPIの更新、コネクター、さらに新たに登場するテクノロジーと連携する統合を含む必要があります。

つまり、強化されたバーチャルなリアリティディスプレー、コンテクストを認識するウェアラブル、AIが有効な音声インターフェースなどのサポートを意味します - ただし、これらは表面的レベルにすぎません。 

課題2: パーソナライズへの需要の高まり

未来に対応できるCMSは、マーケティング担当者が大規模にパーソナライズされたマーケティングを提供するのに役立ちます。 あらゆるチャネルで、あらゆる人のためにシームレスかつ一貫性のある予期的で総体的なエクスペリエンスを提供できなければなりません。

これは、より多くのコンテンツをより特定のオーディエンスに、より特定の瞬間に届けることを意味します。 これは現時点ですでに手動で行うのは不可能です。このため、今後5年を見据えた上で、人工知能(AI)や機械学習(ML)の活用により負担の多い作業を自動化するCMSが必要です。 

 

マーケティング担当者はAIや機械学習を活用する準備が出来ているか

 

近い将来、コンテクストプロダクションにおける人工知能(AI)や機械学習の利用は、利用可能なリソースの制約からマーケティング担当者を解放するようになるでしょう。

人工知能(AI)や機械学習(ML)は効果的に活用することで、高度にパーソナライズされた、ネクストレベルのコンテンツエクスペリエンスを大規模に提供することが可能になります。 これらは自動化されたクロスチャネルコンテンツの配信をシームレスにし、 リアルタイムにパーソナライズされたシナリオを演出するためのダイナミックな提案を生成します。 さらに、正確で予測的な次のアクションを示し、予期的なプロンプトを提供してくれます。

機械学習(ML)や人工知能(AL)が将来的に確実にコンテンツチームにもたらす競争上の優位性を活用したいなら、自分の準備がどれだけ出来ているのかについて今すぐ考えてみましょう。

将来に備えるための4つの質問

CMSに十分な拡張性があるか?

CMSはカスタマーエクスペリエンス管理プラットフォームやeコマースソリューションといった周辺システムを緊密に統合する必要があります。

適切なCMSアーキテクチャを有しているか?

コンテンツプロダクションを機械学習(ML)で自動化(またはサポート)する予定なら、CMS上のコンテンツにあるデータはMLが読み取れるようにする必要があります。

オブジェクトベースやイベントベースのCMSアーキテクチャは、特定のコンテンツオブジェクト(コンテンツ内データ)の特性に関するアルゴリズムをMLに教示し、自動化をトリガーするイベントをあらかじめ定めることを可能にします。

データの準備は整っているか?

機械学習(ML)のアルゴリズムを有効にするには、参照できるクリーンで構造化され、タグ付され、整理されたデータが必要です。

処理要件に応えられるか?

AI駆動型のプロセスは安くありません。 強固で拡張性があり、柔軟なクラウドリソースは機械学習(ML)をスピーディかつ手頃に試す上での前提条件です。

未来を計画し始める

人工知能(AI)や機械学習(ML)をマーケティングチームが活用するという点においては、現在はまだ初期段階にあると言えます。 まずは、競合に先行して顧客のためにパーソナライズされた優れたエクスペリエンスを生み出すことができるよう、これらの質問に回答してプライオリティや行動可能な事項がどこにあるのかを判断しましょう。