主要コンテンツにスキップ

デジタルマーケティング

コンテンツ大量消費時代に備える

現代のコンテンツマーケティング、オムニチャネル、顧客指向戦略には従来型のマーケティング制作方法は重荷となり、コンテンツの大量消費という嵐を乗り越えるのは難しくなります

コンテンツの「嵐」の原因は?

今日のデジタル社会において、コンテンツが主役であることは言うまでもありません。さらに、多くのチャネルで多様な形で活用されるコンテンツを中心にマーケティング戦略を構築することが増えるなかで、コンテンツのニーズはとてつもないスピードで増大しています。従来のコンテンツ制作方法でこのペースについて行くことは、実際のところ不可能です。

コンテンツをオムニチャネルで展開する場合、非効率性や作業の重複、非同期、お粗末な計画は、コンテンツ戦略や顧客体験に壊滅的な影響を及ぼします。

もう堂々巡りはやめましょう。コンテンツを活用するための品質、関連性、コスト、市場投入時間を把握したいなら、コンテンツ制作を大きく変革するときです。

パーツ型コンテンツ制作方法を取り入れる

特定のチャネル(SNS、モバイルアプリなど)向けに作成されたコンテンツは、デジタルエコシステム内の他の場所で再利用することは困難です。期待した成果が挙がらないだけでなく、一貫性を欠く体験でお客様に悪い印象を与えかねません。つまり、一貫した体験を生み出すためにマーケターやコンテンツ管理者が一層努力をしなければならないという状況を生み出してしまっています。

 

パーツ型コンテンツはさまざまなチャネルで再利用可能な、個別のコンテンツピースです。このような適応性にすぐれた構成単位でコンテンツをパーツごとに作成しておくと、簡単に組み立てて特定のチャネルで配信したり、ローカライズでき、再利用可能なコンテンツピースの制作や編集に集中できます。

 

従来のコンテンツ制作手法とは異なるかもしれませんが、この方法は効果的であり、コンテンツ制作はパラダイムシフトを求められているのです。

 

パーソナライズ: 別の考察

マーケターがコンテンツをパーソナライズすればするほど、お客様の期待は高まります。そして、お客様がパーソナライズされたコンテンツを期待すればするほど、より精度の高いパーソナライズが必要になります。収集したデータをもとに、さまざまなチャネルでペルソナを構築する粒度が増すなかで、多様なパーソナライズ要件を満たすコンテンツへのニーズも増加し続けています。

パーツ型コンテンツ制作はコンテンツのチャネル横断した再利用を目指すものです。Sitecoreではこれを2ステップでサポートするプラットフォームを提供しています。

パーツ型コンテンツ制作のための2ステップ

ステップ 1: 構成単位を特定

特定のチャネルに依存しないコンテンツピースである「構成単位」は再利用に向けた普遍的価値があります。どのような構成単位のパーツが自社に合っているか分からない場合は、Webページ、印刷カタログ、アプリなどのさまざまな自社チャネルで横断的に利用されている要素はどれか特定してみましょう。

 

画像を例に挙げると、どこでも見かける画像なら、さまざまなチャネルや方法で再利用可能な構成単位としての、コンテンツパーツとなる可能性を秘めています。

 

ステップ 2: パーツを組立て

製品や商品に関するコンテンツもまた、やや上級レベルではあるものの、パーツ型コンテンツとしてとらえることができます。仕様書やモバイルサイト、パッケージで同じ製品が表示されているなら、これらはすべて構造化されたコンテンツの繰り返しということです。製品の画像、名称、説明、特徴、利点などがコンテンツとして含まれているはずです。

印刷物ならビジュアル、ベースライン、免責事項が、SNS投稿ならビジュアル、見出し、短いコピーが含まれている -- という具合です。

パーツを組み立てる際、SNSにはハッシュタグを追加するなど、各チャネルに合わせ微調整もできます。

共通しているのは、チャネルに特化したコンテンツは一から作成されたものではないということです。各パーツを組み合わせ、そのうえでチャネルごとにカスタマイズします。このプロセスでは時間やコスト、リソースを削減するだけでなく、精神的な負担を大幅に軽減できます。

スピード、品質、量に対する期待がますます高まるなか、マーケターは制作そのものだけでなく、コンテンツの再利用や再組立てをスマートかつ敏捷におこなう必要に迫られています

「嵐」を乗り切る — パラダイムシフト 

コンテンツ制作手法の変更はもちろんたやすいことではありません。多くの場合、慣習化してきた社内のサイロを打ち壊す必要が生じます。しかし、コンテンツ制作プロセスで敏捷性を発揮し、特定チャネルではなく普遍的にコンテンツを考えることができる企業こそ、現在直面している、かつ今後拡大が予想されるコンテンツの「嵐」を乗り切りれるのです。

Sitecore Content Hubは、パーツ型コンテンツ制作手法への移行をサポートします。プロジェクト管理やコラボレーションを支援して、コンテンツタイプの設定や拡張を簡単におこなえ、パーツ型コンテンツ制作やコンテンツライフサイクル管理、パーツ組立てを可能にします。

近くのイベントを検索

現在地を使用

場所を変更

適用