目次

目次

クイックインサイト

今日のデジタル世界において、組織のオンラインプレゼンスをサポートする上でコンテンツ管理システムより欠かせないものはありません。 コンテンツ管理システムは組織のオンラインアイデンティティ、データ、マーケティングオペレーションの要です。

第1章

TL;DR

コンテンツ管理システム(CMS)は編集、ワークフロー、レポーティング、構造化、セキュリティ、ユーザー管理等、コンテンツ提供に必要なツールで組織のウェブサイトやアプリを支えます。 デジタルアイデンティティ、戦略、エンゲージメントのための基本的なソフトウェアであると言えます。

デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)は拡張・接続型のパーソナライズされたエクスペリエンスをあらゆるチャネル、地理、言語で提供することを可能にするあらゆるツールを備えています。

実のところ、この2つのプラットフォームは重複する場合もあります。 マーケティングテクノロジーの領域が急激な拡大を続ける中、この2つのテクノロジーの微妙なニュアンスの違いについて意思決定者が実際的な理解を得ることはますます重要になってきています。 2つのプラットフォームの関係等、それぞれについてより詳しく知る準備ができたら、次章に進んでください。

第2章

CMSは企業のデジタルの根幹です。

 控えめに述べても、コンテンツ管理システム(CMS)は組織のウェブサイトやアプリを支えています。 TCMSはチームがコンテンツの作成・配信を行うためのワークフロー、レポーティング、構造化、ユーザー管理を提供します。

小規模の組織なら、これらツールで十分事足りるかもしれません。 しかし、大部分の組織にとっては、これらは始まりにすぎません。

ここで、現代のCMSに備わっているあらゆる機能を紹介します:

  • セキュリティおよびコンプライアンス

    ユーザーやアクセスレベルの認証、ユーザーデータの保護など、セキュリティは必要です。 さらに、一般データ保護規則(GDPR)や カリフォルニア州の A.B. 375 はそれぞれの管轄地域内で事業を行っている企業に対して、データセキュリティ、透明性、消費者データ権利に関する厳しい要件の順守を義務付けています。 ほとんどの組織は現在、データ暗号化(静止時および転送時)、個人情報(PII)への高度なコンプライアンス、エンタープライズセキュリティプロバイダーおよび/またサードパーティ認証システムとのスムーズな統合を含む、セキュリティ最優先のCMSが必要です。

  • ワークフロー管理

    コンテンツの作成、編集、ステージング、承認、翻訳、発行、プロモーション、レポーティング、繰り返し -- 多忙なチームはニーズに合わせて適応するワークフロー、直感型のパフォーマンスダッシュボード、全てのコンテンツを適切なメタデータでタグ付するサポートを必要としています。 

  • オムニチャネル

    人々はあらゆるデバイスで貴社とやり取りすることを求めています。 CMSは現時点および将来のさまざまなチャネルへのコンテンツ配信にとどまらず、将来的なアプリやサービスの提供を簡便にするものでなければなりません。

  • グローバルな配信

    国ごとにサイトを所有している、または将来的にそうすることを計画しているなら、マルチサイト&多言語サポート、ローカライゼーションや翻訳業務とのスムーズな統合、多国籍コンテンツの規制面でのコンプライアンスを備えたCMSが必要になります。

  • フレキシビリティ、拡張性、パフォーマンス

    一定期間内の有機的なWeb訪問者数、季節的なスパイク、新規国への参入、新ウェブサイトやキャンペーンのスピーディな作成など、現代のCMSにはこれらにすべて対応できるフレキシビリティが求められます。 他のテクノロジーと統合し、広範な最新のAPIやコネクターを含み、複数サイトを一元的に管理する必要があります。 さらにクラウド上での展開にも対応できる必要があります。

    クラウド: 継続的な展開、自動更新、新機能のスピーディな提供等を可能にします。 クラウド・デプロイメントはキャンペーンやウェブサイトの立ち上げを数時間単位・数日単位で行うことを可能にします。

  • 公開

    現代的なCMSがあれば、公開前のコンテンツを編集・表示し、発行をスケジューリングすることが簡単にできます。

  • eコマースとコンテンツの統合

    コンテンツとeコマースは今や、最初のリサーチ段階から購入後の商品の使用にいたるまで、つながっています。 CMSにeコマースのための統合型インターフェース、移行ツール、シームレスな在庫管理、適応性のある在庫処理、自動アクション(かご落ち、購入フォローアップ等)、サードパーティ統合、ユーザー生成コンテンツの作成、機能テストを搭載していることを確認しましょう。

CMSに多くを期待しているように映るかもしれません。 しかし、これがデジタル時代でビジネス展開する上での現実なのです。 一方で、マーケティングテクノロジーの領域がますます複雑化する中で、競争に生き残るために必要な各種ツールの差異はいくぶん流動的になっています。

事実、最後のeコマースとコンテンツの統合のカテゴリーは、CMSという単純な定義からデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)という定義へとテクノロジーを移行させる機能です。

CMSは編集、ワークフロー、レポーティング、構造化、セキュリティ、ユーザー管理を含めた、コンテンツ配信に必要なあらゆるツールで組織のウェブサイトやアプリをサポートします。
Three column info FPO

,

第3章

CMSアーキテクチャ: 入門編

DXPの定義について掘り下げる前に、まずCMSのアーキテクチャについて触れておく必要があります。 その理由は簡単です。 CMSアーキテクチャはCMSの現在 -- そして未来の -- 能力を決めるからです。

CMSは以下を備えたソフトウェアです:

  • プログラミングフレームワーク(ASP.NET、Java等)
  • コンテンツを保管するデータベース
  • Web編集者のためのユーザーインターフェース

これらはすべてオペレーティングシステムを備えたウェブサーバー上、またはクラウド上にあります。 CMSソフトウェアには複数のアプリケーション層が含まれます。 アプリケーション層はCMSの機能をサポートし、ソフトウェアの各要素が互いに、そしてホストシステムとどうつながるかを定義します。

例えば、サイトコアのCMSはコンテンツ管理用の(編集、管理、保存等の機能を備えた)アプリケーション層と、コンテンツをレイアウトし配信するための層を搭載しています。 サイトコアでは最初の層を「コンテンツ層」、二つ目の層を「配信層」と呼んでいます。

コンテンツをオーディエンスに届けるには、配信層がアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を通じてコンテンツ層に対してコンテンツをリクエストします。 そのコンテンツは、第三の層である、配信層が生成したものをスクリーン上で表示する「プレゼンテーション層」の中を移動します。

Sitecore上で構築されたウェブサイトの訪問者は、プレゼンテーション層の生成物の発行版を目にすることになります。 コンテンツと配信の層がプレゼンテーション層と別々にあるため、サイトコアのCMSは(3つの層が1つの層になっているカップルドシステムとは逆の)「デカップルド」または「ヘッドレス」に分類されます。

アプリケーション層にはさまざまな処理方法があるため、CMS内でのコンテンツの保存方法もさまざまです。 簡単に言うと、一部のシステムはコンテンツをページ全体として保存する一方、他のシステムはコンテンツを「アイテム」または「オブジェクト」と呼ばれる小さな塊で保存します。

コンテンツをアイテムやオブジェクトとして保存するには2つの理由があります。 1つ目の理由は、複数のページやアプリケーションでコンテンツをリユースし易くするためです。 そして、2つ目の理由は、ページのフォーマット等の表示要件にコンテンツが拘束されないためです。

しかし、それは一体どういう意味なのでしょう? ここで3つの理由を紹介します: Fitbit、AmazonのAlexa、FacebookのOculus -- これらのデバイスはコンテンツ表示について独自の(かつますます分岐する)要件を備えています。 CMSからコンテンツを引き出す際、これらのデバイスはページレイアウト、スタイル、管理フレームワーク等ではなく、基本的なコンテンツだけを要求します。

サイトコアのCMSはコンテンツをオブジェクトとして保存し、配信層とプレゼンテーション層を分けています – つまり、コンテンツクリエーターが一度作成したコンテンツはあらゆるところに配信することができるのです。

しかし、サイトコアのCMSはデカップルドの公開層も備えています。 これは、従来のヘッドレスCMSとは対照的に、開発者のサポートなしにコンテンツを簡単にプレビュー・発行することを可能にします。 サイトコア独自のヘッドレスCMSの特徴はこれだけにとどまりません: APIにより、あらゆる場所のウェブエンゲージメントから、アナリティクスを収集します。

サイトコアの徹底したハイブリッド型ヘッドレスアーキテクチャについての詳細は こちらをご覧ください。

第4章

DXP: デジタル時代に対してパーソナライズされたエンゲージメントの調整

デジタル時代が消費者のエンパワーメントや接続性につながったことで、消費者の期待はますます高まっています。 さらに、消費者の期待は、製造から小売、医療にいたるまで、あらゆる産業で組織の変革を促しています。

デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)はデジタル時代がもたらすとてつもないシフトに組織が適応するのをサポートします。 そのアプローチをご紹介します。

CMSはデジタルエクスペリエンスに欠かせないコンテンツの編成・配信をサポートしますが、DXPはそれを越えて、ウェブサイト、ポータル、アプリ、IoTデバイス等で横断的に自動化やスマート配信を可能にします。 さらに、これらエクスペリエンスの反応や結果に関するインサイトをデータ、アナリティクス、人工知能(AI)、機械学習(ML)で提供します。

DXPはエンゲージメントを効率化し、チャネル横断的に、かつリアルタイムで常に最新の状態で顧客の全体像を提供し、CMSのアナリティクスを全く新たなレベルのパーソナライズへとレベルアップさせます。

つまり、DXPはパーソナライズされたクロスチャネルデジタルエクスペリエンスをサポートするツール(またはツール一式)であると言えます。 適切なDXPがあれば、現在使用しているマーケティングテクノロジースタックの多くに取って代わり、それ以外のテクノロジーとも円滑に統合します。 そのメリットは明らかです

  • オムニチャネルへのリーチ: 音声認識の増加やIoTデバイスの浸透により、オーディエンスが今いる場所かつ将来的にいる場所でアプローチすることがこれまでになく重要になっています。
  • 長期的な関係構築 賢い組織はコンバージョンが顧客関係のゴールではなく、新たな始まりであることを知っています。 DXPはライフサイクル全体を通してエンゲージメントをサポート&トラッキングします。
  • 確実な配信につながる統合: バラバラのデータはそのままではすぐに使用できません。 しかし、つながったデータはそのまま使用できます。 さらに、常に流動的な市場において、将来的な統合を問題なく行えるということを分かっているだけでも確かな安心感へとつながります。

DXPに含まれるもの – または含まれるべきもの

マーケティングツールの強固なプラットフォームであるDXPは必ず(しばしば中核的機能として)CMSを搭載していますが、通常は次のような機能も有しています:

  • コンテクストインテリジェンスおよびレレバンス(顧客プロフィールエンジン、翻訳、オムニチャネル等)
  • eコマース(PCM、支払&請求、ショッピング等)
  • アセット管理(DAM、Web-to-Print機能等)
  • エンゲージメント(チャットボット、モバイルアプリ、マーケティングオートメーション等)
  • デジタルプロセス(BPM、MRM、ケースマネジメント等)
  • コグニティブ(予測型アナリティクス、機械学習、AIオートメーション等)
  • データセンター(CRM、MDM等)

DXPは組織のニーズに応じて、シングルベンダーによるソリューションや、さまざまなベンダーのソリューションの組み合わせが可能です。 しかし、DXPが刻々と変化するニーズに応えて進化し続ける中で、ほとんどの場合はシングルベンダーによるソリューションは見つかりません。 さらに、たとえシングルベンダーのソリューションが見つかった場合でも、必ずそのベンダーから複数の製品が必要になります。

したがって、統合が簡単で、未来型の拡張性を備え、広範なパートナーエコシステムを有するDXPを見つけることが極めて重要になります。

これで、最初のメッセージの内容をより深く理解いただけことと思います。

CMSはデジタルアイデンティティ、戦略、エンゲージメントのための基本的なソフトウェアです。 DXPは拡張・接続型のパーソナライズされたエクスペリエンスをあらゆるチャネル、地理、言語で提供することを可能にするあらゆるツールを備えています。

CMSはデジタルアイデンティティ、戦略、エンゲージメントのための基本的なソフトウェアです。 DXPは拡張・接続型のパーソナライズされたエクスペリエンスをあらゆるチャネル、地理、言語で提供することを可能にするあらゆるツールを備えています。

,