目次

目次

クイックインサイト

マーケティングとeコマースシステムが切断されると、マーケティング担当者は購入情報をもとに最適な製品を最適な顧客に販促しているか把握するのが困難になります。

第1章

競争力の高い6つのeコマースプラットフォーム機能

実社会にはeコマース競争が広がっています。 これを実現できるのは転換可能なカスタマーエクスペリエンスを演出する能力によります。 コンテンツを使用してデバイスやチャネル全体でeコマースを統合することにより、マーケティング担当者は既存の手法を大幅に拡大して、完全にパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを演出する戦術を導入できます。 これらの6つの主要機能は、堅牢なeコマースプラットフォームが提供する競争上の優位性の一部でしかありません。

1. 在庫管理

見えないものをコントロールすることは困難です。 優れたeコマースプラットフォームは、チャネル別で販売可能アイテムの入手状況と数量の管理、店舗間での在庫転送、配送のトラッキングを含め、オンラインとオフラインのすべての在庫を整理および管理できる能力を提供します。 また、在庫数が少ない場合や期限切れの在庫がある場合は通知し、製品の料金は複数の通貨で表示します。

2. 商品カタログ管理

デジタルマーケットプレイスは光の速さで動いています。 最適なeコマースプラットフォームは製品カタログのペースを維持します。

たとえば、販売可能なアイテムを簡単に整理して複数のカタログ、カテゴリ、在庫一式に追加し、個別のプロモーションを適用できます。

また、複数のプリントや色がある1種類のシャツのような製品バリエーションの定義を促進して、Webサイト上でさまざまな言語や通貨で表示できるカタログを作成できます。

最終的に、カテゴリの階層や製品間の関係性を簡単に分類および構築できるようになります。 たとえば、靴、ブーツ、スニーカーの場合は女性用、男性用、子供用に分けることができます。

3. 注文管理

貴社の目標が関連性を演出して顧客へのコンテンツの注目を引くという場合、顧客が購入したものをトラッキングできることが重要です。 顧客が製品を購入すると、製品を使用および体験することで貴社のブランドについて学びます。コンテクストに沿ったインテリジェンスを使用してカスタマーエクスペリエンスを演出する絶好の機会です。

購入データとコンテンツ管理を統合するeコマースプラットフォームを使用することで、購入したばかりの製品に関するプロモーションを送信するなど、顧客がストレスを抱く状況を回避できます。 また、製品マニュアル、ガイド、動画、または無料の製品などのパーソナライズしたコンテンツを使用して関係性を構築することもできます。

4. 顧客管理

データをトラッキングおよび収集して顧客の行動に対応することで、明確に定義された関心と購入パターンを活用して、匿名の訪問者を顧客セグメントのメンバーに転換できます。 その後、その情報をトラッキング、分析、マーケティングして、演出するeコマースエクスペリエンスを状況に合わせて微調整できます。

5. 価格エンジン

特定の対象グループにさまざまな価格設定を提供できる機会をマーチャンダイザーに与えるため、使いやすく状況に合わせてカスタマイズ可能な価格設定エンジンを搭載したeコマースプラットフォームはパーソナライズには欠かせません。 パーソナライズされた価格設定は、基本的な在庫を考慮するだけではなく、時期、現在および予想されるイベント、購入単位、各顧客の購入履歴のようなデータを基に生成されます。

たとえば、顧客がブーツを購入した後に、ブーツを長く使い続けるための適切なケアについて説明している動画のリンクや役立つコンテンツを送ることもできます。 また、防水スプレーの特別価格オファーを一緒に送ることもできます。

6. コンテクストに沿ったプロモーションエンジン

特定の製品のプロモーションをカスタマイズすることは、顧客の関係性をパーソナライズする優れた方法です。

最適なeコマースプラットフォームを導入すれば、貴社のプロモーションを使用して買い物客がやり取りする場所、日時、方法を決定できます。 日時、顧客の注文履歴などに基づいてルールを設定します。

たとえば、Webサイトに長期間アクセスしていない顧客に割引を提供したり、ショッピングカートを放棄してから24時間以内に配送料金を割引するオファーを提供したりできます。 これは、顧客や見込み客にブラドが注意を払っていることを知らせる効果的な方法です。より良い関係性とブランドロイヤリティを育むカギとなります。

「大半のブランドは、よりパーソナライズされたeコマースエクスペリエンスの必要性に気付いています。 それでも、購入履歴データを収集している組織はたった47%だけです。」

サイトコアおよびVanson Bourneによる調査、2017年

,

第2章

プラットフォームは他に何をすべきでしょうか?

上記の機能に加えて、最適なeコマースプラットフォームを使用して以下のことができます。

  • ドラッグ&ドロップ機能で店舗を簡単に変更
  • ホワイトラベルのショッピングカート、会計、顧客アカウントをカスタマイズ
  • ERPを含むAPIの統合とその他のバックオフィスシステムを搭載
  • 将来に対応できるクラウド導入の拡張性

Sitecore Experience CommerceTM(XC)のようなネイティブ統合されたデジタルコンテンツとeコマースプラットフォームで、すべての顧客データとコンテンツを中央化された単一の場所で管理します。 関連性の高いパーソナライズされたエクスペリエンスを購入前、購入中、購入後に顧客に提供するためには不可欠です。