ヘッドレスCMSとは?

マーケティング担当者とデベロッパーが把握すべきヘッドレス、デカップルド、APIファーストのコンテンツ管理システムについてのすべて

6 min read

1. ヘッドレスCMSとは?(短編版)

ヘッドレスCMSアーキテクチャは、バックエンドのコンテンツ機能(作成、管理、格納等)とフロントエンド機能(プレゼン、配信等)にわかれています。

次の質問の正解は何でしょうか。 ヘッドレスCMSとは?

ヘッドレスCMSの実際の意味とは? ヘッドレスアーキテクチャがデジタルエクスペリエンスの将来に重要な理由は?

ヘッドレスアーキテクチャが誕生したのは、Webコンテンツの発展も一部起因しています。 長い間、WebコンテンツはWebページとしてブラウザ経由で配信されていました。 しかし、最新のリンク型デバイスは常にリリースされています。

現在、オーディエンスは新しいインターフェースを通して様々なフォームファクター(スマートフォン、ウェアラブル、AI対応音声アシスタント、VRヘッドセット)でコンテンツを消費しています。

ヘッドレスCMSアーキテクチャは新しいコンテンツの課題に対応するための基盤です。 つまり、より多くのコンテンツを作成・管理して、より多くの場所へと配信できるのです。

技術的な詳細に入る前に、基本から説明していきます。

 

 

 

 

Headless CMS architecture is foundational to addressing these new content challenges. It means you can easily create and manage more things and deliver them to more places.

But before we get too technical, let’s start with the basics.

こちらは、アーキテクチャの基本的な2つの意思決定の概要と、コンテンツの作成、格納、管理、配信、パーソナライズ方法が意思決定にどのように影響を与えるかについてまとめたものです。

CMSアーキテクチャがページ内のコンテンツにどのように影響を与えるか?

ページベースのアーキテクチャとオブジェクトベースのアーキテクチャの違いと、AI対応音声アシスタントがそれほどスマートではない理由をお確かめください。

CMSアーキテクチャがオーディエンスにコンテンツが配信される方法や場所に影響を与えるか?

ヘッドレスアーキテクチャと非ヘッドレスアーキテクチャの違いを見つけ、ヘッドレスの代償としてパーソナライズや分析を低下させないようにする方法をお確かめください。

2. CMSアーキテクチャの基本

CMSフロントエンドvs.バックエンド

従来のCMSは、フロントエンドとバックエンドが1つずつで構成されています。

大まかに言うと、CMSのバックエンドはコンテンツが管理される方法、フロントエンドはコンテンツが配信される方法と関係します。 店舗のウィンドウディスプレイのようなものです

製品の選択、配置、付随する看板のようなフロントエンドのタスクは道路からすべて見ることができます。

バックエンドのタスクには物流が含まれます。看板の作成、在庫の保管、店舗まわりでの製品の移動管理などが該当します。

基本的なWebサイトの場合、バックエンドには次が含まれます

  • コンテンツを作成するための簡単なインターフェース
  • デジタルアセットを格納するためのデータベース
  • デザインのフレームワークを作成・適用するためのアプリケーションレイヤー

その後、フロントエンドはコンテンツ、格納されているアセットやデザインを引き出し、それらをHTMLページに公開します。

デカップルドCMSとは?

CMSのフロントエンドとバックエンドはしっかりと組み合わせられています。 ユーザーはすべてのコンテンツを単一のインターフェース内で作成、格納、管理、公開できます。

シームレスなセットアップのため、ブログのようなシンプルなコンテンツを公開する技術的な知識が豊富ではないユーザーにとっては最適です。

しかし、デジタルエクスペリエンスが発展するにつれて、デベロッパーはカスタマイズされた回避策の作成に長時間を費やしてしまい、洗練されたコンテンツを広範なデバイスに演出することができないでいます。

デカップルドCMSはバックエンドとフロントエンドのタスクを分離します。 デベロッパーはバックエンド技術に制約されず、ご希望の言語でフロントエンドエクスペリエンスをすばやくコードおよびデザインできます。 また、デベロッパーはAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を使用して、コンテンツの格納や管理のようなバックエンド機能をフロントエンドの配信環境とリンクすることも可能です。

APIファーストCMSとは?

デカップルドCMSはバックエンドとフロントエンドの機能を分離しますが、ページテンプレートやモジュール統合のようなフロントエンド配信ツールが含まれている場合が多くあります。

デフォルトのフロントエンドがないAPIファーストのCMSは、機能的にはヘッドレスCMSと同じです。 デベロッパーは配信レイヤーをお好きな言語でご希望の数だけ作成し、コンテンツを想像可能な新しいチャンネルにプッシュできます。

APIファーストのCMSは経験豊富なデベロッパーのチームには最適です。このCMSはコンテンツを管理し、開発チームがビルドしたフロントエンド配信レイヤーからのAPI呼び出しを待機します。

一方、デカップルドCMSはフロントエンドとバックエンドが分離されていることで得られる融通性と、公開において多少のサポートが必要な企業に最適です。

3. ヘッドレスCMSの導入が最適な用途や対象ユーザーは?

2つの重要な理由により、ヘッドレスCMSがコンテンツ管理の未来を担っているのは明らかです。

1つ目は、デジタルコンテンツはますます洗練されているため、ユーザーの期待もそれに伴い高まっていることです。 他社よりも秀でるには、美しく応答性の高い対話型のコンテンツを構築し、迅速に提供できなくてはなりません。

2つ目は、新しいチャンネルやユーザーデバイスが常にリリースされていることです。 美しいコンテンツをただ提供するだけではなく、場所を問わずできる限り効率的に提供する必要があります。 ヘッドレスCMSにより、現代のマーケティング担当者とデベロッパーは優れたコンテンツを構築できるようになりました。さらに重要なのは、将来を見据えたコンテンツ運営を行い、競争力のあるコンテンツを継続的にどこからでも提供し続けることができるという点です。

マーケティング担当者、デベロッパー、ユーザーに最適です。

マーケティング担当者に最適な理由…

…コンテンツを一度作成すれば、デベロッパーは好きな場所に表示できます。 つまり、管理作業に費やす時間を減らし、より密接な「個客」エクスペリエンスの構築に時間をかけることが可能です。

ユーザーに最適な理由…

…スピード、一貫性、応答性の高いユーザーエクスペリエンスを常に演出できます。 コンテンツが表示されるだけで、ユーザー側がバックエンドシステムと通信する必要がないためです。

デベロッパーに最適な理由…

…経験が豊富ではないプログラミング言語のバックエンドにおける制約から解放されます。 その代わりに、デベロッパーは使い慣れたツール(例:JavaScriptライブラリやフレームワーク)を使用してユーザーエクスペリエンスの外観、操作性、機能性を構築し、最新のAPIを活用してコンテンツをどこからでもプッシュできます。

4. ヘッドレスCMSの短所とは?

ヘッドレスCMSを購入しても、そのままの状態で貴社のコンテンツに関するすべての問題を解決できる訳ではありません。 入念に考慮すべき、大きな妥協点が2つあります。

1つ目の短所は、融通性が高まると、アクセシビリティが損なわれる点です。 プレゼンテーションはJavaScriptを書き込むことが可能なデベロッパーに託されるため、技術的な知識のないマーケティング担当者はWYSIWYG(ウィジウィグ:What You See Is What You Get)オーサリングや編集を使用できません。

2つ目の短所は大きな障害となります。

CMSのヘッドを切断すると、サーバーがフロントエンドとバックエンド間のデータをリアルタイムで送信できなくなります。

つまり、エクスペリエンスのパーソナライズや、コンテンツ分析アクティビティの実行ができません。

パーソナライズは「あれば役立つもの」から義務的な要件になってしまいました。 顧客はアマゾン、Netflix、Spotifyのような業界リーダーのパーソナライズがどれほど優れているか身を持って実感しています。

貴社が同様のエクスペリエンスを演出できない場合、顧客は別のサービスへとすぐに移ってしまいます。 それでは、何が正解なのでしょうか?

5. ハイブリッドヘッドレスCMSの導入

理想的なCMSアーキテクチャは、ヘッドレスCMSの融通性と拡張性が組み合わせられているほか、従来のカップルドCMSが提供するパーソナライズ機能とコンテンツ分析機能を搭載しているものです。

それがSitecore Omni™です。

Vue.js、React.js、Angular.jsのようなJavaScriptライブラリとフレームワークを使用して、あらゆるデバイスやブラウザでコンテンツ表示アプリを構築するフロントエンドのデベロッパーをサポートします。

また、Sitecoreのコンテクストコンテンツ配信サーバーとリンクされているAPIも搭載されています。 このAPIはSitecore Experience Database™からの情報を使用して、コンテンツとパーソナライズルールの両方をリアルタイムで解釈するためにデバイスやブラウザをサポートします。 プロフィール情報や過去のやり取りなどに基づいて様々なコンテンツがユーザーに表示されます。

6. ヘッドレスの詳細

ヘッドレスの使用方法

これらの企業が特定のオーディエンスへのアプローチやエンゲージメント獲得で課題に直面した場合、ヘッドレスを導入すると製品化までの時間を短縮し、マーケティング担当者もコンテンツをコントロールしやすくなります。

スウェーデンの美容グッズを扱う会社オリフレーム社の導入事例をダウンロードし、対象範囲を広げるためにどのようにヘッドレスにアプローチしたかをお確かめください。

導入事例

クロスデバイスによるコンテンツの使用がカギ

マーケティング担当者は、一貫性がありシームレスなカスタマーエクスペリエンスをすべてのプラットフォームで演出しなければなりません。 インフォグラフィックにアクセス

CMSのビルドはすべて同じではありません

CMSアーキテクチャが機能性、インテグレーション、拡張性などを左右 CMSアーキテクチャの基本情報とヘッドレスによる演出方法について eブックを読む

今すぐデモをお申し込みください

Sitecore Experience Platformの詳細をご覧ください

+81 3-5413-6900

読み込み中...

今すぐデモをお申し込みください

ありがとうございました。

近日中に弊社のセールスエンジニアよりご連絡し、パーソナライズされたサイトコアのデモのご相談をさせて頂きます。

それまで、 Sitecore Experience Platform についての説明をご覧になり、 learning resourcesをご確認ください。.

デジタルエクスペリエンスの強力なプラットフォーム

サイトコアのエンドツーエンドのコンテンツ管理とeコマースソリューション。

製品を見る

近くのイベントを検索

現在地を使用

場所を変更

適用