目次

目次

クイック インサイト

コンテンツマーケティングやオムニチャネルのリーチを追求するには、コンテンツハブが基盤となります。すべてのコンテンツとメディアファイルを集約し、チーム全体でシームレスに共同作業することができます。

第1章

コンテンツハブについての解説

多くの組織では、マーケティングコンテンツは至る所に存在しますが、同時にどこにも存在しません。多くのワークストリームに分かれているマーケティングチームは、膨大な量のファイルやコンポーネントをさまざまな形式でさまざまな場所に、おそらく長年にわたって保存してきています。

すべてどこかに保存されてはいますが、一体どこに保存されているのでしょう?アセットの360度ビューを手に入れ、アセットを管理、追加、共有するにはどうすればよいでしょうか?コンテンツハブがその答えです。

コンテンツハブはバラバラに存在するすべてのコンテンツのホームベースとして機能するだけでなく、マーケティング担当者の作業を合理化、加速化、簡素化するプラットフォームとして機能する、オールインワンソリューションです。複雑さを抑え、付加価値を高める分かりやすいビューと直感的で共同作業可能な機能を提供します。

これにより、今日のマーケティング業務の課題に取り組みやすくなり、最終的にコンテンツマーケティングが目指すオムニチャネルでのやり取りとエンゲージメントを最大化することができます。

オムニチャネルとは、顧客接点全体で一貫性のあるメッセージを送信し、理想的なメディアとコンテンツで各チャネルの力を最大限に活用することです。

第2章

コンテンツハブの詳細

デジタルアセット管理(DAM)

マーケティングのために膨大な量のコンテンツやデジタルアセットを抱えることは組織の単なるプライドであって、アクセスする時のことを考慮していません。パソコンに写真、USBフラッシュドライブにアートワークのパッケージ、外部ハードドライブにレイアウト、クラウドに動画を保管していませんか?

どこかには存在しますが、探し出すために時間とリソースを浪費し、無駄な検索作業を重複するリスクも高まります。デジタルアセット管理(DAM)がこれを解決します。

DAMプラットフォームの中心はコンテンツのストレージです。これは、ユーザーがすべてのコンテンツにアクセス、管理でき、他のユーザーと共有できる場所です。マーケティングアセット配信の信頼できる唯一の情報源として機能します。

DAMは単に基本的なストレージを提供するだけではありません。複雑なメタデータ、セキュリティ、デジタル権限の管理など、入り組んだデジタルアセット管理のシナリオに完全に対応できる必要があります。

堅牢なDAMは、単に企業のマーケティング活動の価値を高めるだけでなく、新興企業から大企業に至るまで、今日のブランドにとってなくてはならないものです。

コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP)

マーケティング活動をサポートするために必要なコンテンツはすべて揃っていますか?オーディエンス、地域、チャネル、キャンペーン別に、コンテンツのギャップはどこにありますか?どのような種類のコンテンツを作成する必要がありますか?コンテンツマーケティングプラットフォームは、これらの質問に答え、コンテンツ戦略の立案と実行を容易にします。このツールを使えば、必要なコンテンツの作成を計画し、リソースを割り当て、さまざまなチャネルで公開するためにこれらのコンテンツを共同作業、レビュー、承認することが簡単に行えます。

商品コンテンツ管理(PCM)

その名の通り、商品コンテンツ管理(PCM)は商品重視で大量のSKUを抱える組織が関連情報を格納するシステムです。PCMシステムは商品説明、特典、翻訳されたコンテンツ、メディアなど顧客向けの商品情報に重点を置いています。

マーケティングリソース管理(MRM)

MRM プラットフォームは、 戦略立案からプロジェクト管理、効果測定に至るまで、マーケティング業務をサポートし、測定するという独自の役割を担っています。

MRMはマーケティングカレンダー、クリエイティブなレビュー、承認管理、パフォーマンスダッシュボードなど広範な機能を持つソリューションです。MRMの可能性を最大限に引き出すと、包括的な優れた成果を実感できます。

第3章

全体として大きな機能を発揮する

これまで見てきたように、コンテンツハブはDAM、CMP、PCM、MRM、およびその他の機能を組み合わせ、従来のサイロ化を排除します。コンテンツハブは貴社のすべてのデジタルアセット、共同作業ツール、クリエイティブプロジェクト管理ツールのホームベースとして機能します。すべてのコンテンツを保存しながら、いつでも利用可能な状態にするだけではなく、クリエイティブの統一性も維持します。

アセットを統合し、コンテンツを充実させたり、新しいコンテンツを作成したりするための基本的なプロセスをサポートし、合理化することも同様に重要です。

計画的に準備や実践することに対して、マーケティング部門へのプレッシャーは高まっています。CMO はマーケティング業務に関するインサイトを求めており、そのために仕組みとワークフローが不可欠になっています。

チームの連携を強化

プロジェクトマネージャーは構造的な運用に慣れています。クリエイティブチームは?場合によってはそれほどでもありません。複数の利害関係者がいて厳格な締め切りが設定されている移り変わりの激しい環境で、クリエイティブプロセスとマーケティングプロセスを統合して共同作業を促進するにはどうすればよいでしょうか?

コンテンツハブは、ダッシュボード、カレンダー、タスクリストのような、プロジェクトマネージャーとクリエイティブチームの両方をサポートするツールを提供します。これらのツールにより、プロジェクトマネージャーはインサイト得ることができ、マイルストーンやKPIを把握しながら、クリエイティブプロセスを構造化することができます。チームがアセットをアップロードし、プレビューやコメントができる機能により、社内と社外のチーム間の共同作業も促進されます。

第4章

つながりのあるコンテンツハブが必要

コンテンツハブを選ぶときは、サードパーティ製プラットフォームと簡単に統合できるものであることが重要です。ノーブランドのAPIは別として、貴社のコンテンツハブはERP、eコマース、CMSプラットフォームのようなサードパーティ製マーケティングテクノロジーをすぐに導入できる状態でなければなりません。

テクノロジーやプロトコルの障害なしでコンテンツを利用できるため、各プラットフォームの所有者は最適な環境で作業できます。

Sitecore Content Hub が包括的で使いやすい単一のソリューションでコンテンツを演出する方法をお確かめください。