第1章

クリック数だけではなくバリューも最適化する

企業がデジタルマーケティングROIを評価する際、クリックスルー率や特定のコンバージョンの増加に注目してしまいがちです。 これらの数字は何が起きているか状況を確認することはできますが、企業がビジネス目的に向かって前進しているかどうかを把握することはできません。

Sitecoreの導入でこの状況を一変させることができます。 上位(達成したい戦略目的または最終結果)から測定基準を設定し、目標達成につながる明確なマーケティング目的を掘り下げます。 次に、各マーケティング目的を具体的なデジタル目標へと細分化していきます。 このトップダウンプロセスにより、デジタル目標 (動画の視聴、ニュースレターの登録) と戦略目的間の直接的な相関性を簡単に確認できます。

各デジタル目標にエンゲージメントバリューを割り当てます。エンゲージメントバリューとは、貴社が戦略目標を達成するためにそのやり取りにはどのくらいの価値があるかを示すものです。 デジタル目標のエンゲージメントバリューを定義したら、コンテンツが最大の影響を与えられるか確認するためにテストを行います。

Testing and optimization
play-button

第2章

Sitecoreのテストの仕組み

Sitecoreなら、目標達成の度合いに応じて各エンゲージメントに価値を割り当てることができます。 たとえば、貴社の戦略目的が売上増加だと仮定します。 顧客から問い合わせの電話を受けた場合、顧客がホームページに訪問した場合よりも売上につながるチャンスが高いと言えます。

この種類のやり取りはとても価値が高いことから、訪問者が問い合わせの電話をリクエストするボタンをクリックした場合のエンゲージメントバリューを「100」に設定するとしましょう。 一方、訪問者が単にホームページにアクセスし、記事を読んだり特定の資料をダウンロードしたりした場合は売上に直接的なつながりはないため、価値はとても低くなります。 この場合は「10」に設定しましょう。

次に、低いエンゲージメント「10」と高いエンゲージメント「100」の間となるやり取りに対してテストを実施します。 訪問者が最初のドキュメントをダウンロードした後にニュースレターに登録した場合のエンゲージメントバリューは「25」に設定するとします。 もしくは、訪問者が別の製品ページにアクセスしてフォームを入力した場合のエンゲージメントバリューは「50」に設定するとします。

さまざまなバージョンのコンテンツ、ページ、レイアウト、パーソナライズのレベルなどをテストすることで、エンゲージメントと価値が高いやり取りを分類できます。

より多くの訪問者がWebサイトにアクセスするにつれて、訪問者全員のエンゲージメントバリューを集計し、顧客に配信するバリエーションをトラッキングできるようになります。 このようにして、最も高いエンゲージメントバリューを配信するコンテンツや戦略目的を達成するためのコンテンツ、どの部分に重点を置いて作業すべきかを判断できます。

第3章

テストするページ

本当に重要な部分に時間を費やし、最も影響力の高い部分を最適化します。 一般的に、最適化のテストを行うページとコンテンツには3つの主な種類があります。

  1. 影響の高いページ: トラフィック量が高いページです。
  2. エントリページ: Webサイトに訪問者を誘導するページ(例:特定のランディングページやホームページ)です。
  3. 意思決定ページ: 訪問者がフォームの入力や購入を行うためのページで、高いエンゲージメントバリューが含まれます。

これらのページを最適化することにより、より高いエンゲージメントを促進でき、最終的に戦略目的を達成しやすくなります。

第4章

テストの測定基準を把握する

本当に重要な部分に時間を費やし、最も影響力の高い部分を最適化します。 一般的に、最適化のテストを行うページとコンテンツには3つの主な種類があります。

  1. 影響の高いページ: トラフィック量が高いページです。
  2. エントリページ: Webサイトに訪問者を誘導するページ(例:特定のランディングページやホームページ)です。
  3. 意思決定ページ: 訪問者がフォームの入力や購入を行うためのページで、高いエンゲージメントバリューが含まれます。

これらのページを最適化することにより、より高いエンゲージメントを促進でき、最終的に戦略目的を達成しやすくなります。

第4章

テストの測定基準を把握する

本当に重要な部分に時間を費やし、最も影響力の高い部分を最適化します。 一般的に、最適化のテストを行うページとコンテンツには3つの主な種類があります。

  1. 影響の高いページ: トラフィック量が高いページです。
  2. エントリページ: Webサイトに訪問者を誘導するページ(例:特定のランディングページやホームページ)です。
  3. 意思決定ページ: 訪問者がフォームの入力や購入を行うためのページで、高いエンゲージメントバリューが含まれます。

これらのページを最適化することにより、より高いエンゲージメントを促進でき、最終的に戦略目的を達成しやすくなります。

第4章

テストの測定基準を把握する

本当に重要な部分に時間を費やし、最も影響力の高い部分を最適化します。 一般的に、最適化のテストを行うページとコンテンツには3つの主な種類があります。

  1. 影響の高いページ: トラフィック量が高いページです。
  2. エントリページ: Webサイトに訪問者を誘導するページ(例:特定のランディングページやホームページ)です。
  3. 意思決定ページ: 訪問者がフォームの入力や購入を行うためのページで、高いエンゲージメントバリューが含まれます。

これらのページを最適化することにより、より高いエンゲージメントを促進でき、最終的に戦略目的を達成しやすくなります。

第4章

テストの測定基準を把握する

本当に重要な部分に時間を費やし、最も影響力の高い部分を最適化します。 一般的に、最適化のテストを行うページとコンテンツには3つの主な種類があります。

  1. 影響の高いページ: トラフィック量が高いページです。
  2. エントリページ: Webサイトに訪問者を誘導するページ(例:特定のランディングページやホームページ)です。
  3. 意思決定ページ: 訪問者がフォームの入力や購入を行うためのページで、高いエンゲージメントバリューが含まれます。

これらのページを最適化することにより、より高いエンゲージメントを促進でき、最終的に戦略目的を達成しやすくなります。