現代と未来のためのハイブリッドヘッドレスCMS

Sitecore Omni

必要な高度マーケティング機能を犠牲にせずに、ヘッドレスCMSが提供する柔軟性と成果をお楽しみいただけます。

妥協のないヘッドレスでパーソナライズされたコンテンツを実現

  • コンテンツを一度作成すれば、すべてのデバイスやチャネルでコンテンツを表示可能
  • 抽出可能なデカップルドコンテンツで拡張性、柔軟性、一貫性を提供
  • IoT、VR、ARなどのような新しいチャネルを活用し、ビジネスを拡大
  • パーソナライズ、テスト、分析のような高度機能を活用

パーソナライズとエンゲージ

顧客のやり取りに関する360°のビューを提供し、コミュニケーションをパーソナライズします。

場所に関わらずオンラインまたはオフラインでも追跡可能

包括的な行動追跡機能により、オンラインおよびオフラインの顧客データをすべてのデバイスで保持できます。

どこからでもパーソナライズ

SitecoreのAPIが動的コンテンツの提供をサポートするため、パーソナライズされたコンテンツを大半のデバイスやブラウザで演出できます。

Webサイト、アプリ、小売店などの顧客のやり取りからデータを取得します。

エンゲージメントを簡単に高める

Sitecoreのフォーム機能を活用すれば、顧客の好きな時や場所でエンゲージを図ることができます。

集積&改善

堅牢なテストシナリオを実行し、どこからでもデータを集積してアナリティクスに適用し、継続的な改善を図ります。

ブランドにも顧客にもメリットを与えるヘッドレス

マーケティング担当者が使いやすく、 一貫性のあるパーソナライズを顧客に演出。

新しいデバイスやチャネルでコンテンツを活用

初日から業界トップのヘッドレスCMSで取り組めます。 アイテムを基盤としたヘッドレスCMSのパイオニアとして、サイトコアは全部門の作業を簡素化します。 コンテンツをアイテムとして保管します。 たとえば、コンポーネントのヘッドラインをアイテム1、画像をアイテム2、本文のコピーをアイテム3として保管します。 次に、さまざまなデバイス、形式、やり取りをサポートするようアイテムを再構築します。

規模を簡単に調整

デジタルデバイスの拡散により、貴社のインフラストラクチャの拡大が求められています。 サイトコアのマルチサイト管理を活用し、すべてのヘッドレスアプリケーションを単一の場所からコントロールします。

全世界のNo.1

サイトコアが導入決定における不安を解消 JSSのJavaScriptでも、SXAの事前定義されたテンプレートでも、技術制限ではなくビジネスニーズに基づいて選択できます。 Webサイトの構築方法に関わらず、コンテンツ、プレゼンテーション、顧客データを共有します。

デベロッパー向けの柔軟なハイブリッドヘッドレス

マーケティング担当者とデベロッパーが協力してブランドエクスペリエンスを演出できます。

使い慣れたツールを活用

デベロッパーはすでに使用しているツールでユーザーエクスペリエンスの外観、操作感、パーソナライズ、機能性を構築できます。これも、サイトコアのJavaScript Services(JSS)のおかげです。

導入後すぐに開発を始められます

Sitecore GraphQLを導入すれば、デベロッパーはヘッドレスアプリケーションの全範囲を制作できます。Microsoft .NETやSitecoreバックエンドの専門知識は必要ありません。

ソリューション間で共有

すべてのSitecoreソリューションフレームワークが連携して動作します。 ビジネスニーズに基づいてJSSまたはSXAのいずれかを使用できるため、技術的な制限はありません。

拡張と導入がシンプルに

JavaScriptを実行しているプラットフォームのスピードと柔軟性を高めることが可能です。

デベロッパー向けのシンプルなアクセス

次世代のJSアプリのデベロッパーはヘッドレスモードでSitecoreにつなげることができます。Sitecoreに関する知識は不要です。 デベロッパーはIDE、OS、開発ワークフローを使用できます。

製品化までの時間を短縮

ITチームとデベロッパーはソリューションパッケージを使用してJavaScriptアプリをインポートおよび管理し、高速で柔軟性の高いホスティングと開発のメリットを体験することができます。

最小限の作業で統合を完了

貴社のアプリをSitecoreのバックエンドと自動的に統合 Sitecore Omni™が必要なアーティファクトを貴社のために生成します。

オリフレーム社

ヘッドレスCMSを導入し、ネイティブアプリのリーチを中国まで広げています。

導入事例を見る

近くのイベントを検索

現在地を使用

場所を変更

適用