Skip to content

このWebサイトをご利用することにより、サイトコアのCookieの使用に同意するものとみなされます。サイトコアのCookieに関するポリシーをご覧になるにはこちらをクリック

Web分析からエクスペリエンス分析まで:「量」より「質」

エンゲージメント分析

現在、ほとんどの企業がWebサイトにアクセス解析ツールを導入して、サイト内のページビューや訪問者数、経路分析などWebサイトの「成績」を評価していることでしょう。しかし、マーケティング施策はWebサイトだけにとどまりません。オンラインに関連する施策だけでも、バナー広告やSEO、メールマガジン、ソーシャルメディアなど多様化し複雑になっています。

分析で考慮すべき条件が複雑化した今だからこそ、投資効果に本当に優れたマーケティング施策を視覚化するには、アクセス解析だけではない新しい考え方が求められているのです。特に進化の早いオンラインマーケティングの世界では、単純な数値としての「量」から、顧客に共感する気持ちを抱かせるエンゲージメントの「質」を測ることが、宝探しへの近道なのです。

このホワイトペーパーでは、エンゲージメントバリューの基本的な考え方と構成、さらに最近話題にあがることの増えてきたアトリビューション(間接効果)分析を含むその分析方法をご紹介します。