目次

目次

クイックインサイト

顧客のことを知らなければ、相手が欲しいものを提供することはできません。パーソナライズはデータを通じて顧客の嗜好や意図への洞察を得ることを可能にするため、カスタマイズされたエクスペリエンスを提供することができます。

第1章

今日におけるパーソナライズの意味

メールの件名に自分の名前が表示されていて、「デジタルマーケティングの画期的な進展だ」と感じたあの頃を覚えていますか?今日、パーソナライズ(顧客の関心を引きつけるようなカスタマイズされた体験を提供すること)には、はるかに堅牢で戦略的なアプローチが求められています。そして、競合がひしめく抜け目のない市場において、パーソナライズは競争力を維持するために欠かせません。

顧客は今日、自分に耳を傾け、理解してくれ、具体的な希望やニーズに関心を払ってくれるブランドに引き寄せられます。このような場合に効果的なのがパーソナライズです。パーソナライズは、ブランドが各訪問者の固有のプロファイルに応じて、コンテクストを調整したメッセージ、オファー、エクスペリエンスを提供する方法です。

これは、マーケティングコミュニケーションから、データを足がかりとしたデジタル対話への進化として捉えることができます。消費者の属性、関心、行動に関する情報を収集、分析、効果的に活用することで、対象となるオーディエンスが共感するキャンペーン、コンテンツ、エクスペリエンスを生み出すことが可能になります。

第2章

なぜパーソナライズが重要なのか?

顧客が求めるパーソナライズ

パーソナライズの重要性は、消費者としての自分自身の経験を考えることで最も捉えやすくなります。ブランドのWebサイトを訪問したとき、パーソナライズされたお勧めやオファーを受け取ることを喜びますか?自分に関連する、または先日購入した商品やサービスに関連するコンテンツはどうですか?ほとんどの消費者がそうであるように、皆さんもパーソナライズされたコンテンツをオンラインエクスペリエンスの重要な要素として期待するようになっているかもしれません。

デジタル時代の到来により、関連性があり、コンテクストに沿った、便利なエクスペリエンスに対する消費者の期待はかつてないほど高まっています。簡単に言うと、消費者は欲しいものを手に入れることに慣れ、今やカスタマージャーニーのすべての段階で自分を個人として認識してくれるブランドに引き寄せられます。

このような期待に応えられるかはマーケティング担当者にかかっています。消費者を引き付け、リピートさせたいなら、インテリジェントなパーソナライズ施策を活用する必要があります。

第3章

Webサイトのパーソナライズをどこから(そしていかに)始めるか

データを細かくパーソナライズする

パーソナライズとは、オーディエンスやデータのアナリティクスを活用して各消費者のニーズに応えることを意味します。まず手始めにデータを使って、顧客一人ひとりの詳細、状況に応じた目的、過去に貴社ブランドといつどこでどのようにやり取りしたかに関して情報をまとめてみましょう。

データはニーズに応えられるようになるために相手を詳しく知るだけでなく、今後特定の接点においてどのようなものを欲しがるかを予測する上でのカギとなります。

すべての顧客とのやり取りを最適化してパーソナライズすることはわかっていますが、実際にはどのように行えばよいのでしょうか?Sitecore Personalizeのようなテストおよびパーソナライズのプラットフォームが役立ちます。

業界トップレベルのコンポーザブルなこのソリューションは、ゴール主導型のA/Bテスト、ディシジョニング、コンテクスト対応のパーソナライズを提供し、ブランドはオムニチャネルパーソナライズとROIの迅速化を実現できます。

第4章

過度にならずに有用な情報を提供

顧客の期待は非常に重要です。人々は自分が何が欲しいかを分かっており、好きな時に好きな場所で手に入れることを求めます。このような要求に応えるべく、ブランドは極めて個人的で、正確に厳選されたコミュニケーション、オファー、エクスペリエンスを過度に押し付けがましくない形で生み出すことを求められます。

貴社がニーズに耳を傾け、欲しいものをちゃんと把握しているということを、過度にならずにオーディエンスに示す方法は存在します。例えば、特定の顧客がグルテンフリーの商品を好むことをデータが示しているとします。そこで、このインサイトを活かし、この顧客が参考にしたがるような、グルテンフリーのパスタ料理のレシピを勧めるWebサイトコンテンツをパーソナライズすることができます。

消費者のパーソナルスペースに入り込む場合、量で勝負すれば成功するという訳ではありません。顧客の声に真剣に耳を傾けた上で、適切な戦略を活用して顧客に合わせてパーソナライズされたエクスペリエンスを提供しましょう。