Skip to content

パーソナライズ

パーソナライズされた「個客」エクスペリエンス演出で、デジ損を低減しましょう

デジタル機会損失を低減することから始めましょう

マーケティング担当者は「個客」エクスペリエンス演出を切望していますが、実際にそれを実現できているブランドはほんの少数です。しかし、テクノロジーの発達により、「載せているだけ」のWebサイトではかえって訪問者の離脱を引き起こし、デジタル機会損失、つまり「デジ損」を発生させている可能性があります。コンテクストに沿ったエクスペリエンスの価値の重要性を理解しつつも、そのための努力を考えるとおじけづいたり圧倒されたり、組織のサイロ化が大きすぎて対応できなかったり、パーソナライズが必要な顧客データの収集はやや不安だと考える場合もありますが、まず始めてみましょう。初めは赤ちゃんのようにハイハイでも、そのうち歩き始め、ゆっくり走り出し、やがて全速力で駆け出すことができるようになります。Sitecoreをご利用いただくと、顧客一人ひとりのニーズをすべてのマーケティング活動の中心に据えることができます。 

パーソナライズする理由とは?誰のためにパーソナライズするのか?

動画

パーソナライズの仕組み

調査欠課によると、パーソナライズを活用している企業はコンバージョンが19%増加したことが明らかになっています。すぐにパーソナライズを始めましょう!
動画

パーソナライズの対象オーディエンスを選択する

パーソナライズされたコンテンツをどのオーディエンスに配信するかは、自分の勘を頼りにしたり、過度な分析をしないことが大切です。PIEフレームワークを活用しましょう。 詳細
バナー
データやアプリケーションのサイロ化、分断化された組織、ブランド志向の考え方は、パーソナライゼーズを実践するにあたって妨げとなっています。9つのステップからなるプロセスで、コンテクストに沿った「個客」エクスペリエンスを演出しましょう。
バナー
難しくはありません。コンテクストマーケティング実践アプローチを学び、今すぐ始めましょう。

適切なタイミングで、適切なエクスペリエンスを演出

Sitecore® Experience Platform (XP)は、顧客とブランドとの現在および過去のやり取りに基づき、その顧客がどこにいてもエクスペリエンスをリアルタイムでパーソナライズできます。そのためには、顧客を知ることが重要です。Sitecoreで顧客の意図を理解するための一例は次のとおりです。
  • インバウンドソース:何が訪問を導いたのか? 顧客はどこからアクセスしたのか?
  • デジタル指紋の匿名データ:訪問者がアクセスしている位置情報は? その場所の気候は?
  • サイト上の動作:どのようなコンテンツを見たか? どのページに訪問したか? 検索バーに入力した用語は?
  • 統合:その他のシステムからのデータ(例:CRM、サポートのヘルプシステム、IPに基づくデータ)にはたくさんの貴重な情報が含まれています。Sitecore XPのExperience Databaseで、それらを活用可能です。



Sitecore XPでは、次のようなパーソナライズアプローチを実施できます。

  • ルールベースのパーソナライズ:顧客に配信するコンテンツをもとに条件(ルール)を定義します。たとえば、訪問者のIPアドレスや物理的な位置、訪問者がWebサイトにアクセスするために使用したキーワード、訪問者のモバイルデバイスやWebサイトで達成した目標に基づいてルールを設定し、表示するコンテンツを決定します。
  • 適応型パーソナライズ:訪問者のプロフィールやパターンを使用して、動的、かつリアルタイムで訪問者にコンテンツを表示します。Sitecore Experince Cloud搭載のルールセットエディター(Rules Set Editor)で、適応型パーソナライズのルールを設定します。
  • 行動履歴にもとづくパーソナライズ:現在のセッションではなく、過去の履歴に基づく行動履歴をもとにコンテンツをパーソナライズするためのルールを設定します。
  • テスト後にパーソナライズ:Sitecore Experience Cloudでは、A/Bテストや多変量テストで、そのテスト結果に応じコンテンツを評価したり、サイトの目標に対するコンバージョン率を最適化したりできます。また、テストでは、どのコンテンツが訪問者のセグメントに効果的かを評価できます。
  • ジャーニーにもとづくパーソナライズ:Sitecore Experience Cloudで先進的なビジネスロジックを使ってカスタマージャーニーを設計し、顧客がジャーニーのどのステージにいるかを評価できます。そしてトリガーとなるアクションを設定し、顧客がコンテクストに沿ってジャーニーを完結できるようにします。
 
Sitecore Experience Cloudでは、デジ損を低減し、コンテクストに沿ったカスタマーエクスペリエンスを演出するために必要なすべてのツールと情報が1ヶ所に集約できます。別のシステムにログインしたり、別のプロセスを学ぶ必要はありません。顧客一人ひとりに対し、あらゆるチャネルですぐにコンテンツをパーソナライズできます。それは、サードパーティデータやデジタル指紋から、セッション中のコンテンツ使用まで、収集したデータにもとづき、コンテクストに沿っています。また、もともとのコンテンツと、パーソナライズしたコンテンツのパフォーマンスをテストして、リアルタイムでパーソナライズの効果をはかることができます。顧客についてのインサイトを収集すればするほど、「個客」エクスペリエンスを継続的に最適化することが可能になります。

顧客が求める前に適切なコンテンツを配信する必要があります。

顧客のニーズを満たすものを予測しリアルタイムで応答しましょう。
顧客のニーズとは
知らない人のほしいものや必要なものを予測することは不可能です。チャネルごとにサイロ化された顧客のやり取りデータからは、「個客」エクスペリエンスを演出するために必要な360°のカスタマービューを得ることはできません。
Sitecore Experience Cloud
Sitecore Experience Cloudでは、リアルタイムで訪問者の意図を理解し、最も関連性の高いエクスペリエンスを演出します。データとインサイトを多く獲得すればするほど、より高度な方法で規模に応じてコンテクストマーケティングを実行できます。 
結果
顧客一人ひとりの現在、そして過去のやり取り履歴にもとづくデータと、堅固なコンテンツ管理およびオムニチャネル配信により、顧客インサイトを継続的に収集し、「個客」エクスペリエンスをつねに提供できます。

サイトコアがマーケティングの難題に立ち向かう方法

マーケティングキャンペーン

あらゆるチャンネルのデジタルマーケティング施策を1つの統合型プラットフォームでまとめて管理。 

詳細

モバイルソリューション

モバイルの鎖をとってください。 モバイルとは、デバイスではなく、それを使う「人々」が重要です。

詳細

パーソナライゼーション

1対1のマーケティングはおとぎ話にすぎないと考えますか? もう一度考えてみてください。 緻密なパーソナライズを簡単に実現する方法をご紹介します。

詳細

360°のカスタマビューと解析

顧客のシングルビューを把握できることで、実現が難しい施策が手の届く範囲まで近づきます。 サイロを取り除き、データを活用できるようにします。

詳細

マーケティングの自動化

顧客のインタラクションに応じてコミュニケーションを図ると、お客様は貴社からの次のメールに期待するようになります。

詳細

テストと最適化

A/Bテストを活用すると、顧客の好みが容易にわかるようになります。 サイトコアの導入により、カスタマーエクスペリエンスのテストと最適化がシンプルになります。

詳細

eコマース

カスタマーエクスペリエンスは、顧客が購入した時点で終了するのではありません。 コンテンツとeコマースを組み合わせ、後は売り上げが増加するのを待つばかりです。

詳細

コンテンツガバナンス

 サイトコアが顧客にコンテンツ管理と安全性をどのように提供しているか、その方法をお確かめください。

詳細

今すぐデモをお申し込みください

Sitecore Experience Platformの詳細をご覧ください
+81 3-5413-6900

Loading...