主要コンテンツにスキップ

環境保護、社会貢献、ガバナンス

Sitecore社は環境保護および社会的責任に配慮した上で事業運営に取り組んでいます。 当社はグローバル企業として、環境へのフットプリントを削減し、事業を展開する各国、各市場にポジティブな変化をもたらし、模範となることを目指します。

当社のコミットメントを実現していくために、社会的責任(CSR)に対する既存の取り組みを見直しました。そして、より包括的な環境保護・社会貢献・ガバナンス(Environmental・Social・Governance=ESG)プログラムへと拡大しています。Sitecore社のESGプログラムでは、測定可能な目標、ポリシー、包括的な行動計画が含まれており、資源削減、ステークホルダーとのエンゲージメント、健康と福祉、二酸化炭素削減、DEI、調達、お客様やクライアント様のプライバシーとセキュリティ保護、グリーンビルディング認証など、ESGの主要分野に焦点を当てています。

Sitecore社の2022年度ESG目標

Sitecore社は優れた企業市民としてのコミットメントを示すべく、2022年の意欲的な目標を掲げました。

100%

データセンターの使用と従業員の移動におけるカーボンオフセット割合

10万

2022年の植樹本数

45%

女性の管理職就任割合

50%

女性または少数派のインターンシップの割合

カーボンフットプリント

Sitecore社は、第三者の専門家の協力のもと、GHG排出量のベースラインを確定し、GHG実行計画を策定しました。その中で実施した査定では、オフィスの光熱費、購入した商品やサービス、従業員の通勤、出張、燃料やエネルギー関連の活動などを評価しました。

Sitecore社では、100%のカーボンニュートラルを達成するために、二酸化炭素の排出量を相殺するさまざまな慈善団体を通じて、従業員の移動や出張、データセンターの使用による二酸化炭素排出量を中和することを約束しています。現在までに、「Plant a Billion」に10,000本の植樹を寄付し、「Cool Effect」を通じて3つの検証済みカーボンオフセットプロジェクトを支援し、四半期ごとの出張による排出量の4倍101.8メートルトンCO2e)をオフセットしました。

また、Sitecore社は「ReforestAction」と提携し、周辺のコミュニティに大きな環境的・経済的影響を与える森林などのプロジェクトを後援しています。

パートナー: ReforestAction

Sitecore社は、「ReforestAction」のゴールド・レベル・パートナーとして提携し、2022年末までに10万本以上の木を植えることを約束しています。

パートナー: Cool Effect

Sitecore社は、「Cool Effect」を通じてインドネシア、ケニア、ウガンダ、米国などの検証済みオフセットプロジェクトを後援することで、従業員の出張や移動によるすべての二酸化炭素排出量を100%以上オフセットしています。これらのプロジェクトの多くは、気候変動の緩和に加えて、地域社会、生物多様性、持続可能な農業/林業、公衆衛生を支援しています。

社会的責任

当社は、意図的に人を受け入れていなければ、意図せずして人を排除していることになると考えています。当社は、当社がおこなうすべてのこと、そして当社が下すすべての決断は、熟慮のうえでおこなわれなければならないと信じています。チーム内およびチーム間で築き上げた信頼関係で、自分自身、そしてお互いに切磋琢磨し、包括性と帰属性の面で、より高みを目指します。

当社は、インストラクターをお呼びし、無意識の偏見や包摂的かつ公正な雇用に関するトレーニングを実施したり、継続的なタウンホールやパネルディスカッションに多様性を盛り込んだり、[email protected][email protected][email protected]を含む複数の多様性グループをサポートしたりすることで、当社の信念をさらに深めるべく、意図的に行動しています。また、グローバルでダイバーシティの意識を向上するためのカレンダーを発行し、多様な声を称えるフォーラムを開催したり、世界中で貢献している社員を紹介したりしています。また、女性を対象としたメンタリングプログラムを実施し、当社エグゼクティブからの指導や助言をもらえる機会を提供しています。

また、「PLAN International」や「UN Women」とパートナーシップを組み、グローバルなジェンダー平等の取り組みを支援し、抑圧や差別に悩む女性に新たな機会も提供しています。

A group of people standing in a circle against a white background
パートナー: PLAN International

Sitecore社は「PLAN International」の「We are the Girls Campaign」なる主要キャンペーンに投資しました。そのキャンペーンでは、抑圧とジェンダーの不平等を克服するために、世界中の少女や子どもたち、そのコミュニティと協力して、それぞれのニーズに合ったサポートやリソースを提供し、彼女たちが尊厳と機会と安全をもって、その可能性を最大限に発揮できるようにしています。

パートナー: UN Women

Sitecore社は女性平等に欠かせない、全体的な進歩をもたらす優先的分野に焦点を当てたUN Womenを支援しています。

エネルギーの削減

Sitecore社では、削減目標に対する進捗状況を測定するべく、可能な限りすべての拠点のエネルギー消費データの追跡調査を開始しました。大半のオフィス空間にはLED照明と効率的な電化製品を導入し、一部には太陽光、風力、水力などの再生可能エネルギー源からの電力を利用しています。

また、エネルギー使用量の削減には、従業員の関与も欠かせません。退社時には、すべての電源を切ることを推奨しています。(スタンバイモードのモニター、携帯電話の充電器、サージプロテクタなどの低エネルギー機器を含む)います。

パートナー: Plant A Billion

Sitecore社は、「The Nature Conservancy」の「Plant a Billion」なるプロジェクトを通じて10,000本の植樹を実施しました。樹木はきれいな空気をろ過し、新鮮な飲料水を提供し、気候変動を抑制し、何千もの植物や動物のための住まいを提供します。

 

 

廃棄物の削減

Sitecore社の42%の施設では、廃棄物転換のインフラが整備されており、そのうち83%の施設ではリサイクルの慣行を導入し、第三者の協力会社の支援のもと、古い家具や消耗品を再生利用しています。多くのオフィスでは、再利用可能なカトラリーや食器類、リサイクル素材の商品を購入しています。また、いくつかのオフィスでは、プラスチック廃棄物の削減と、従業員への安全な飲料水提供を目指すべく、ろ過水を供給しています。

テナントとして難しい場合もありますが、Sitecore社は貸主と協力して廃棄物を追跡するためのデータを確保し、より良い方法があると思われる場合にはリサイクルプログラムを強化し、改善を目指しています。

パートナー: Stok

Sitecore社は、サステナビリティおよびESGコンサルティング会社のStok社と提携し、ESGプログラムの開発、実施、管理に関する専門知識を提供しています。

水資源

Sitecoreでは低流量装置の設置を目標に掲げています。2023年までにSitecore社が保有する全世界の不動産ポートフォリオの90%、2025年までに95%で完了するよう着実に取り組んでいます。 これに加えて、適用可能なSitecoreオフィスでは、水やエネルギー効率の高い食器洗浄機を設置し、水資源の使用量をさらに削減しています。

施設目標

Sitecore社は、主要なESGトピックの影響と重要性を継続的に評価するために、重要度評価を年一回実施しています。これらの結果と消費基準は、当社プログラムのKPIに反映されます。

20%

エネルギーの削減

25%

水の削減

50%

廃棄物の転用率

これまでに収集されたすべてのデータには、現在入手可能なものが含まれています。但し、月次データが入手可能なサイトでは丸1ヶ月遅れ、四半期データが入手可能なサイトでは3ヶ月遅れとなる場合があります。すべてのデータは実際に受け取ったデータです。データが入手できない場合の推定データや、コワーキングスペースの推定データは含まれていません。

詳細は、左からダウンロードできる包括的なFAQ文書に記載しています。
いくつかのオフィス空間では、Green Building Index(GBI)、LEED、NABERSの5つ星評価など、グリーンビルディング認証を取得しています。